一覧に戻る- 全部 1- 最新50-削除依頼  

孤男の大好きな映画と大嫌いな映画 パート4


1 :名前は誰も知らない:2011/08/04(木) 20:54:33.44 ID:iP4+lr6x0
荒らし、煽りはスルーしましょう
映画(映像、表現、物語)に関係の無い話題は禁止
コテ叩き、職業・年収自慢はこちらでどうぞ(→http://toki.2ch.net/test/read.cgi/alone/1312078681/l50

2 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/04(木) 23:04:24.24 ID:VhLk6xXvP
「勝手にしやがれ!! 英雄計画」

これって「ダークナイト」の元ネタなんじゃないの?



3 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/04(木) 23:14:33.36 ID:VhLk6xXvP
「悪人」

なんか色々言われてるらしいけど、自分はそれほど悪い作品だとは思わない
それぞれの人間が「人間の感情の不条理」と「世の摂理の不条理」にどう向き合うのか
ってのがこの映画の「主題」なんだろうけど、柄本明の最後の方のモノローグは観賞者にある種の誤解を招く可能性がある
もしくは観賞者を思考停止させる可能性がある
それがこの映画の唯一にして大きな問題

4 :名前は誰も知らない:2011/08/05(金) 15:49:55.84 ID:DAbEymQ50
俺の好きな西部劇

駅馬車
シェーン
続夕陽のガンマン
腰抜け2丁拳銃
テキサス決死隊← 一番好き
アパルーサの決闘

5 :名前は誰も知らない:2011/08/05(金) 16:01:15.10 ID:3Abig6OHO
好き
フロムダスクティルドーン

嫌い
ハリーポッターシリーズ
面白さがわからん

6 :名前は誰も知らない:2011/08/05(金) 16:03:28.41 ID:DAbEymQ50
そういうこと?

7 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/05(金) 21:59:32.37 ID:B+ck121aP
「ミッドナイト・エクスプレス」

なんだこの映画
無茶苦茶
だがそれでいいのかも知れない

8 :名前は誰も知らない:2011/08/05(金) 22:53:41.96 ID:NkiCLbV40
>>234

9 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/06(土) 19:56:09.25 ID:xGJRHfcPP
「黒い家」
「ドイツ表現主義」「吸血鬼ノスフェラトゥ」「恐怖のメロディ」「ブルーベルベット」「羊たちの沈黙」等々
色々やってみたかったんだろうけど要は自分自身を絶対的な「正気」の立場に置いて「狂気」について考察する話
つまり旧時代の遺物
とういうかそれ以前に一つ一つの描写の見せ方を取っても幼稚で、知性、品性が感じられない


10 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/06(土) 19:58:22.90 ID:xGJRHfcPP
「メディア」とは「現象の観察者」ではなく「現象そのもの」であるということ
「映画」という「映像メディア」もその例外ではない

ということを強く再認識させる作品ではある

11 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/06(土) 19:59:15.83 ID:xGJRHfcPP
週刊誌の犯罪ルポを読んでいるのと変わらない

12 :名前は誰も知らない:2011/08/11(木) 14:10:39.25 ID:kz0i4Ljn0
機会があって、アフリカ映画を数本見てきた。気付いたことを書けば、
アフリカ映画界全体の大テーマは主に政治紛争と自然の2つにあると思う。
まあ、アフリカの歴史や人々の生活を省みれば納得いくこと
それと今日見た数本に共通していたことは、いづれも物語的な「説明」よりも
叙情詩的なニュアンスを大切にしていた。
いづれも90年代頃に撮られた映画だったけど、映像技術は40〜50年代のハリウッドと同レベルくらいかなあと
自然と人間の関係性を描く際に、自然をデフォルメすることなく、その恩恵と脅威をリアルな迫真性をもって描くことができているのは
やはり自然と密着したアフリカの土地の歴史と人々の血があってこそ成せるのだろうなあと思った
西洋芸術的な文脈に沿った「傑作」の類ではなかったけど、異なる感性と思考を感じさせるもので、
「芸術」を知る人間にとっては一見の価値はあるだろうなあとは思った、アフリカ映画

13 :名前は誰も知らない:2011/08/11(木) 14:22:15.12 ID:kz0i4Ljn0
今度は名画座で最近パルムドールを獲った「白いリボン」を見てくるわ
ミヒャエル・ハネケの作品は「ピアニスト」と「隠された記憶」の二本だけ見てて
両者ともミステリアスで独特の世界観をもったなかなかの傑作だった覚えがある
この2作だけの判断だけど、けっこうこの作家と相性いいかもな、最高傑作との噂だから今回のが楽しみだ

14 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/12(金) 02:40:31.24 ID:HZ2vTBS0P
「隠された記憶」は
所謂「形而上学的問題」をただ単に映像化しただけのような感じで
あまり面白いとは思えなかった

15 :名前は誰も知らない:2011/08/12(金) 11:03:49.20 ID:3u/2Lie50
今日は映画を5本見たるわい

許されざる者
無防備都市
パリ20区、僕たちのクラス
機動警察パトレイバー2
エデンの東

16 :名前は誰も知らない:2011/08/14(日) 07:17:30.71 ID:VnavxqLT0
パリ二十区、僕たちのクラス
ポストモダン化した教室、それぞれの感情が「在る」だけの空間に
共同体は限りなく腐っていく
ドキュメンタリーの手法を援用した社会派フィクション
近年にしては高踏派?映画好きが見て損はない傑作

17 :名前は誰も知らない:2011/08/14(日) 07:23:30.96 ID:VnavxqLT0
描かれた教室は「社会共同体」のメタファーであるように思う

18 :名前は誰も知らない:2011/08/14(日) 11:26:32.48 ID:5Y21dxArO
「俺たちに明日はない」は今観ても面白いな。久しぶりにDVDコレクションから引っ張り出してきた。
当時は画期的だったよ。ショッキングだったね。
あんなアベックに憧れるな。

19 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/14(日) 18:18:43.45 ID:63MtCjrpP
>>17
その作品を観てないから何とも言えないけれど
「教室」ってのは共同体そのものなんじゃないの?

20 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/14(日) 18:21:02.31 ID:63MtCjrpP
>>18
アベックを傍らから(友人として)眺めていたい

って願望はあるね

21 :名前は誰も知らない:2011/08/14(日) 19:26:59.06 ID:CJisGcNz0
俺たちに明日はないは女のビジュアルがすごくいいと思った

22 :名前は誰も知らない:2011/08/15(月) 03:35:26.92 ID:6+nm7GISO
>>18は五十代か・・・

23 :名前は誰も知らない:2011/08/17(水) 10:48:26.02 ID:9nKB1jwg0
ツリーオブライフ

これが21世紀の映画なのか、
この映画を見終わったあと、俺がポツポツ思いついていたアイディアの数々が
どこかに吹き飛ばされたような、そのくらい破壊力のある映画だと思った
最初の30分は「パルムドール」どころの代物ではないと思う、根源的なところから生命を見据え
テーマ的なダイナミズムに適った感性を刺激する今までの「芸術映画」にない規模の大きな表現だった。
(「アース」だとかの自然美、動物美を映した映画に着想を得たのだろうか)
ただ、この映画のテーマは
「神無き時代に、果てなき欲望に囚われた人民が、運命に翻弄され絶望し、神的真理の素晴らしさを知る」
みたいなそんなところなんだけど、「果て無き欲望に絶望する」ところの描写が弱すぎるというか
田舎の名も無き一家だけにその描写を託すのは、最初の30分やテーマの大きさに比べて、あまりにも卑小で
「卑小な人間」を描くには描写の規模が小さすぎる気がした、一つから一つのものへと帰納するってのは
やはり説得力に欠けるように思う。このアンバランスさは明らかなこの映画の欠陥であるように思う。
そしてこの作品を「聖書からの引用」や「結論」から、キリスト教の宗教映画と捉える人も多いが、
その奥に「神無き時代に世界は無秩序化し、人民には「共通善」的真理が必要なんだ」というような
世界的、普遍的なメッセージがあるように思った
規模の大きな映画だったように思う、芸術的感性と発達した映像技術が結合し身を結んだというか
この作品は芸術映画の新たな流れの礎を作ったのかもしれない、10年代を代表する映画になるかもしれない
とすら思った。欠陥はあれど、試みや「最初の30分」は本当に素晴らしかったように思う
アメリカからこんな詩的荘厳さのある映画が、今の時代に生まれ、それがパルムドールを取るというのは
やはり時代の流れが変わってきているのか、
映画特有の映像美やダイナミズムを十二分にいかしたこれほどの傑作を見ると、なんか映画監督になりたくなるんだよなあ
ツリーオブライフは素晴らしいと思う。
満点では無いにせよ、この映画の映画史的文脈における意義は大きい
ガラガラの映画館で、映画の明日への予感に胸を躍らせる夜でした

24 :名前は誰も知らない:2011/08/17(水) 10:48:38.19 ID:9nKB1jwg0
age

25 :名前は誰も知らない:2011/08/17(水) 10:52:25.38 ID:9nKB1jwg0
作品スレの奴らが分かって無さ過ぎる、人文的教養にも映画にも通じてないんだろう
まあ他のやつが分かっていようがなかろうが別にどうということはないが・・

26 :名前は誰も知らない:2011/08/17(水) 11:06:46.26 ID:9nKB1jwg0
今年は東京国際映画祭に行ってみようかな

27 :名前は誰も知らない:2011/08/17(水) 11:31:47.27 ID:9nKB1jwg0
映画監督の大変なところというのは、数千万〜数億の制作費がかかる作品を
何十人ものスタッフを指揮しながら2時間の枠に良い物を作らなければならないという
人間的な器量の大きさも必要になることなんだよなあ
そのうえ、アート映画なら自分の作家性というものを作り出すための努力と才能が必要になるし
商業映画でも時代的感性に沿った映画を作り出すのは大変
黒沢明が多くの傑作を作り上げた要因の一つに、氏のふてぶてしさや些細なことは気にしない「大きさ」があるんだろうなあ
と思った

28 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/17(水) 21:04:06.72 ID:EpeZwhZfP
「パリ20区 僕たちのクラス」

コロニアリズムによって形成された国民国家体制が世界を覆っていた時代を「近代」と呼称するのであれば
その絶対性が崩れつつある現代を「ポストモダン(近代の後)」と呼称し、「社会共同体が腐っていく」のもまた事実なのかもしれない
しかし本作で描かれているのは単なる「コロニアリズムの終焉」ではなく「ポストコロニアリズム(的共同体)の芽生え」ではないだろうか
しかしその「芽生え」は決して「共同体」そのものに存在する不条理を回収するものではないし
「コロニアリズム」からの断絶を意味するものではない
そして一番の問題は「ポストコロニアル化」の担い手たち本人には「ポストコロニアル的共同体」の実像を客観的に把握することが不可能であるということだ
「変化」の中で人々は不安を感じ、戸惑い続ける
学期末に「何も学べなかった」と言う生徒がいる
常に変化し続ける未来に対する「不安」「戸惑い」

29 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/17(水) 21:05:11.56 ID:EpeZwhZfP
こういう映画は、日本じゃ当分作られないであろうね

30 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/17(水) 21:09:28.86 ID:EpeZwhZfP
劇中にはサッカーに関する事物がたくさん登場するけれども
「サッカー」というのは「ポストコロニアリズム」の象徴でもあるわけだね


31 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/18(木) 00:27:10.72 ID:Vh1lbWd9P
この前のワールドカップでは日本等の旧来サッカーが盛んではなかった新興国が躍進し、
フランス等の古豪が序盤で敗退したり
その日本チームの内部でも在日***の子供として産まれた選手が活躍したりと
もう既に「現状」が「映画」の先を行っているのかもしれないね

32 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/18(木) 00:29:44.64 ID:Vh1lbWd9P
「なでしこジャパンの優勝」とかも「ポストコロニアルとジェンダー」という
(ちょっと出来過ぎた)見方も出来る

33 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/18(木) 21:39:07.00 ID:Vh1lbWd9P
「俺たちに明日はない」といえば
「勝手にしやがれ!! 英雄計画」のラストは完全にこれのアレでしたね

34 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/18(木) 21:40:31.88 ID:Vh1lbWd9P
違った「明日に向かって撃て」だった
どうも記憶が混濁してる

35 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/21(日) 20:05:31.19 ID:sGLKFfRKP
「グラン・ブルー」

浅薄というか、ご都合主義的というか
映画が「社会」と「世界」を対比する時、「世界」の側を「真・善・美」などとすることが
これまた「社会」的な概念で「世界」を定義してしまうということに何故気付けないのか
「世界」とは「未確定性」そのものであり「真・善・美」の象徴などではない
「社会」は確かに汚れているのかもしれないが、「世界」とはそれと対比する形で「美しい」と呼べるものでは断じて無い

36 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/21(日) 20:07:18.92 ID:sGLKFfRKP
これだからリュック・ベッソンは…

37 :名前は誰も知らない:2011/08/22(月) 00:54:50.22 ID:KR9SfQB+0
最近面白い映画が少ないな


38 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/22(月) 01:21:18.34 ID:fzWzhRNmP
>>37
「日本春歌考」オススメです

39 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/27(土) 20:10:18.46 ID:j+CfBhtKP
「13人の刺客」

何から何まで非常に分り易くて、親切でハートフルな映画だと思いました
ただ一つ解らなかったのが、「将軍の弟を暗***るのに130対13で斬り合う必要があったのか」という点

40 :名前は誰も知らない:2011/08/27(土) 20:12:47.48 ID:93EK83Fy0
デンゼルワシントンの「悪魔を憐れむ歌」って最後に悪魔は猫に憑依して逃げたって事でよいの?

41 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/27(土) 21:19:09.26 ID:j+CfBhtKP
オープニングで「これは広島、長崎の原爆投下から百年ほど前の〜」って文字が出るんだけど
これでガイジンたちもいったいこの映画が何時頃を舞台にした物語なのかが大体把握出来る訳だね
実にわかりやすい(この作品は万事この調子で進みます)

42 :名前は誰も知らない:2011/08/27(土) 21:42:26.51 ID:5smfzN1V0
白いリボン見たが、いかにもカンヌで賞取ったぞって感じの作品だったな
もちろん良い作品だったが

43 :名前は誰も知らない:2011/08/27(土) 21:44:52.54 ID:Laebq5UhO
『The Road』
子供を作らない毒男でも、子供を守るために命張る気にさせる。
熱が醒めたら、色々ケチが湧いて出る。
しかし細かい設定に拘ったら、分かり難い作品になるだろう。ギリギリの設定だな。
登場人物に一切固有名か無い。徹底的に贅肉を落とし、アメリカ人なりに人間の人間たる所以を問いかける。

44 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/27(土) 21:52:45.44 ID:j+CfBhtKP
「ファニーゲーム U・S・A」と「隠された記憶」は観たけど
正直言ってガッカリに近い出来だった

45 :名前は誰も知らない:2011/08/27(土) 21:54:24.34 ID:UWJNjxog0
ティムバートンのバットマンリターンズ
今年一番がっかりした映画かもしれない

46 :名前は誰も知らない:2011/08/27(土) 22:09:24.74 ID:BcEB+Qfg0
死霊の盆踊り

47 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/28(日) 19:18:30.13 ID:Ud9zXCV2P
>>45
孤男には「ペンギン」に「共感」する人が多いんじゃないかと思うんだけど

「バットマンリターンズ」は「シザーハンズ」と同じでティムバートンが「自分の為」を第一義に設定して作った「おとぎ話」だね
良くも悪くも

48 :名前は誰も知らない:2011/08/29(月) 03:14:28.02 ID:G0Mam1LDO
ベタだがショーシャンクの空には最高だな
落ち込んで居るときでも見れる
通っぽいやつが絶賛してるのは気に食わんが

49 :名前は誰も知らない:2011/08/29(月) 03:22:26.61 ID:4gnlrUXa0
ショーシャンクってそんなにおもしろいか?
通とか推してるけど、フォレストガンプのほうが面白いと思うわ。


50 :名前は誰も知らない:2011/08/29(月) 03:31:46.21 ID:G0Mam1LDO
>>49
面白いというか、感動するかな
フォレストガンプは女の方が好きって人多いかも
前向きな人には凄くいい

51 :名前は誰も知らない:2011/08/29(月) 05:36:19.27 ID:6tRhI8cF0
フォレストガンプは次々と面白い展開が結びついて、よく考えたもんだと感心したな。
ショーシャンクは、理不尽な苦難を散々味わった主人公が最後にちょっとだけ救われたことに、とにかくホッとしたなぁ。


52 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/29(月) 21:42:26.89 ID:igdzURIyP
「空の境界」

これすごいね
全8章あって7章くらいまでは色々言いたいことがあったんだけど、終章を観たら何もかもどうでもよくなってしまった
否、何もかも受け入れることが出来た。と言うべきか


53 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/29(月) 21:49:48.37 ID:igdzURIyP
この題名「空(から)の境界」ってのは
「物語」と「空(くう)」の「境界」ってことなんだろうね

面白いかどうかはともかく、一見の価値はあると思いますよ

54 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/29(月) 21:57:54.32 ID:igdzURIyP
感触としては「ペイルライダー」に近いものがある

55 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/29(月) 22:03:47.53 ID:igdzURIyP
終わらせ方も含めて「エヴァ」に似ているってのは大いにあるけれども
「空疎さ」「どうでもよさ」は「エヴァ」の比では無い


56 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/08/29(月) 23:16:34.33 ID:igdzURIyP
「メディア」としての「映画」は根源的に制度化された(または「されるであろう」)「物語」から逃れることは出来ない
しかしだからこそ(俺が褒めるような)映画作家たちは「映画(物語)」という次元に踏みとどまりつつ
あえて「脱物語」という限りなく不可能に近い逃走(闘争)へと踏み出す訳です

しかし「空の境界」は「あえて「脱物語」に踏み出す」ということを放棄し、「物語らしい7つの物語」を描く
しかしこの作品が本当に恐ろしいのは最終章においてこれまでその「物語」を支え、肯定してきた存在の「空疎さ」を暴き立てるところにある
それによって観賞者達がその胸に抱いた「空の境界」は完全に破綻し、そこには砕け散った「映像の破片」のみが残ることとなる

「映画作家」たちの志向した「脱物語」が「脱物語」という「カタルシス」に還元され、それが結果としてある種の「肯定的作用」を生みだしてしまうのだとしたら
「空の境界」にはそれすらないのだ
そこには「ニヒリズム」すら存在せず、観賞者にとっては空疎な、しかしながら物語の登場人物にとっては有意義な「物語」のみが残る

57 :名前は誰も知らない:2011/08/29(月) 23:33:25.53 ID:wZiRryQz0
ここってお前のブログなの?

58 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/09/09(金) 22:23:40.58 ID:OoV9vRAuP
http://www.wowow.co.jp/dramaw/shokuzai/

ふーん

59 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/09/11(日) 07:23:42.92 ID:y2hYeSNZP
次映画館行くとしたら「ヒミズ」かな

60 :名前は誰も知らない:2011/09/23(金) 08:59:09.13 ID:jpIf7pLdO
アンフェア

いろんな意味で酷い


61 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/10/02(日) 22:12:28.03 ID:+uMJzmPjP
ゴジラミレニアムシリーズはセカイ系

62 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/10/02(日) 22:21:22.06 ID:+uMJzmPjP
人間が恐竜図鑑や恐竜の全身骨格を初めて見るとき
「恐竜」という存在それ自体がその者にとっての「主題」となる

「こういう奴が目の前を歩いていたらどうなるんだろう」
「どれだけ巨大に感じるんだろう。どんな声で鳴くのだろう」
それを現前化するのが「怪獣映画」だった

だかしかし「平成ガメラシリーズ」や「ゴジラミレニアムシリーズ」では
怪獣は人間の実存を補完し、価値観、思想を確かなものとするための「手段」ないし、そこに至るため乗り越えねばならない「ハードル」と化してしまった
「物語」の「道具」と化してしまった

というようなことをぼんやりと考えた
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15313670

63 :名前は誰も知らない:2011/10/07(金) 00:07:15.93 ID:bnSyFrPt0
「冷たい熱帯魚」だったっけ?面白い? 見るかどうか迷ってる

64 :名前は誰も知らない:2011/10/07(金) 00:12:32.19 ID:8AD3UkUd0
役者の演技は神がかってる

65 :名前は誰も知らない:2011/10/07(金) 00:13:57.02 ID:bnSyFrPt0
ほう、で、内容は孤男向け?

66 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/10/07(金) 17:50:43.91 ID:Ru6Tvt3zP
http://eiga.com/news/20111007/10/

67 :名前は誰も知らない:2011/10/09(日) 14:53:11.48 ID:qBk5xzgb0

今、上映中の映画だと「猿の惑星 創世記」がやっぱり一番面白そうかな?

68 :名前は誰も知らない:2011/10/09(日) 21:09:32.38 ID:GacCenVNO
ドッグポリス見た人いる?

69 :名前は誰も知らない:2011/10/10(月) 01:58:07.40 ID:SaU1rvQH0
>>68
ホント邦画ってクソだよな

70 :名前は誰も知らない:2011/10/10(月) 02:06:41.22 ID:JicBOlMLO
山田洋次マジで死ね

71 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/10/10(月) 02:19:58.84 ID:XoVnXigiP
>>70
どうして?

72 :名前は誰も知らない:2011/10/10(月) 13:44:43.36 ID:glCrXb6RO
>>67
今ならリミットレスだね

73 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/10/10(月) 16:49:00.20 ID:XoVnXigiP
今週末雨が降るようなら「モテキ」観に行こう

74 :名前は誰も知らない:2011/10/10(月) 16:51:46.60 ID:YVT8dwGpO
お前は映画見る暇があったら
就職活動をしたほうが良いよ

75 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/10/10(月) 17:00:17.82 ID:XoVnXigiP
>>74
君はみんなが自分と同じように行動し、自分と同じような境遇に置かれないと気が済まないようだね
まあ自分としても何の結果も出ていない状況で多弁を労することは避けたいのでレスポンスはこのくらいにしておくが

76 :名前は誰も知らない:2011/10/10(月) 17:02:35.83 ID:YVT8dwGpO
その通り多弁を労する暇があったら
面接の練習をしようね、坊っちゃん

77 :α三世 ◆2bmoujqRHk :2011/10/27(木) 00:48:53.75 ID:gLA89fXM0
キャプテンアメリカを見てきた
どうやらマイティーソーとつながりがあるらしい

78 :名前は誰も知らない:2011/10/27(木) 09:58:12.92 ID:RBuIgz+aO
そう言えばハルクの最後のシーンにアイアンマンのトニースタークが現れるんだけど、
何か繋がってるの??

79 :名前は誰も知らない:2011/11/11(金) 23:26:15.59 ID:i45qNyKb0
さっき見てたBECKがあまりに***でびっくりしたのでカキコ

80 :名前は誰も知らない:2011/11/19(土) 15:56:07.18 ID:FFGX/9YB0

最近の映画は「あしたのジョー」といい、ゆとり教育の風潮か知らんが、あまりに頭の悪い企画が多すぎるんだが

昔からこんなもんだっけ?

81 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/11/19(土) 16:01:34.52 ID:Rcup8niqP
「あしたのジョー」が興業的に失敗したことをどうみるかにもよるね

82 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/11/19(土) 16:02:39.25 ID:Rcup8niqP
ただ一つハッキリしてるのは
昔には昔の「リアル」あって、現代には現代の「リアル」があるということ

83 :名前は誰も知らない:2011/11/19(土) 16:07:21.18 ID:FFGX/9YB0

現代のリアルって、たとえばどういうところにある?

84 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/11/19(土) 16:14:17.42 ID:Rcup8niqP
色々だけど
例えば
「経済状況の変化による映画館の淘汰」
「製作委員会制の強化」
「80年代以降のマーケティングという概念の成立」
とか

85 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/11/19(土) 16:18:16.46 ID:Rcup8niqP
「昔の映画は良かった」(俺個人はそうは思わないが)とか言っても
それは右肩上がりの経済成長に依存した映画づくりが可能だったから
ということもできるわけ

86 :名前は誰も知らない:2011/11/19(土) 16:28:29.43 ID:22t0CsQj0
周辺人は物書きでも目指してるの?

87 :名前は誰も知らない:2011/11/19(土) 16:35:28.57 ID:FFGX/9YB0
たしかに「徹底したマーケテイング」っていうのを特に近年感じることが多いね

これはこの20年ぐらい流通業の地位が飛躍的に高くなったことと関係してるんだろうね

セブンイレブン的なものの圧倒的な成功と言うか。

映画「あしたのジョー」 テレビドラマ「妖怪人間ベム」 あとは無数のマンガ作品の映画、ドラマ、アニメ化

こういうのは現代のマーケテイング技術がなかったら、絶対に70年代まで(80年代も?)の世界ではなかったことだろうね

昔はもっと「権威主義」的なものが文化の主流だった印象がある

88 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/11/19(土) 17:30:34.19 ID:Rcup8niqP
>>86
「目指している」わけじゃないよ
俺は生まれながらにして表現者だ

89 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2011/11/19(土) 17:33:33.82 ID:Rcup8niqP
>>87
セゾングループ的な有り様というかね
ただもう「マーケティングの時代」というのも終わりに近づいているんじゃないかとも思う

昔は「権威に対する反逆」それ自体がある種の「価値」足り得て、
それが芸術行為の動機づけになったりもしたんだけどね

90 :名前は誰も知らない:2011/11/20(日) 14:13:34.60 ID:1fJvpmS0O
煎茶さん(´・ω・`)

91 :名前は誰も知らない:2011/12/05(月) 02:55:25.35 ID:alE4XbEdO
煎茶はもう大学生の設定やめたの?

92 :名前は誰も知らない:2011/12/12(月) 22:57:32.68 ID:4n/5XYIj0
薬師丸ひろ子主演の「セーラー服と機関銃」のDVD借りたけど、
何も自分の心に引っかかるものがなくて途中で観るのを辞めてしまった。
どこが面白いのか分からんのだけど、誰か分かる人いたら教えてください。
ああいう映画独特の楽しみ方のようなものがあるのでしょうか?

93 :名前は誰も知らない:2011/12/31(土) 05:28:13.86 ID:XjeVSWEo0
復讐の快感じゃないの?
てかあれはアイドル映画だし軽さを楽しむものだろう

94 :名前は誰も知らない:2011/12/31(土) 05:30:04.29 ID:uFwnq6TV0
そう。心に何もひっかからない気楽さがウリなんだよ。

95 :名前は誰も知らない:2012/01/04(水) 14:35:27.11 ID:TfbMGn+40
俺も星を追う子ども観たんだけどジブリまとめだったので途中で観るのをやめてしまった
秒速5センチメートルは耳をすませばより面白かったけどね、ファンタジーからリアリティーにちょっとずつシフトしてる
けどまだ凹むよね、一層俺等を出演させてそっからファンタジーへ持っていくみたいな展開にして欲しいね
その変わり前半部はジブリみたいな映画特有の生活感あるあの感じを活かして孤男という実態を丁寧に描ききって欲しいね

96 :名前は誰も知らない:2012/01/04(水) 14:47:07.86 ID:XRVEpYQS0
前者はひまわり
後者はけいおんみたいなキャラ人気で売ってるアニメもの

97 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/01/14(土) 19:31:48.72 ID:vRoMvPz4P
ファンタジーとリアリティーが対立して存在すると考えてはいけない

98 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/03/12(月) 21:50:29.85 ID:olnu7Dye0
>>95
>俺も星を追う子ども観たんだけどジブリまとめだったので

本当にそう思いますか?

99 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/03/12(月) 22:01:44.66 ID:WfYOWGHCP
ジブリ映画の何が駄目って
宮崎駿は「未知なるもの」や「ここではない、どこか」への欲求を
形而上的な「真,善,美」として誤魔化してしまうところにあるんだよね
「ラピュタ」なんかは典型だけど
だから彼の「少年少女冒険譚」は当の「少年」や「幼児」から見るととてつもなく堅苦しいものに見えてしまう
そしてある程度歳とった人間が観ると「これが国民的アニメだ」「子供向けアニメはこうじゃなきゃ」みたいな感じで「安心」するんだよね
ただ駿さん最近は呆けてきたのか「ポニョ」なんかはかなり(良くも悪くも)崩れてきているんだけれども

それに対して「星を追う子ども」はそうした形而上への志向を持たない
「欲求」を素直に「欲求」として描ききる
だからこそ「寂しかっただけなんだ」と気づいて日常に帰還することも
その「異世界」に留まることもどちらも肯定される

100 :名前は誰も知らない:2012/04/08(日) 21:42:56.07 ID:gmRbzK/70
 スペック天見てきた。
 ケイゾクの映画みたいな結末だけど、こちらのほうがいい。
 アサクラもスペックホルダとして出てくればいいのに。
 ニノマエと、セブミが好きだ。

101 :名前は誰も知らない:2012/04/14(土) 22:27:00.28 ID:8j3PjbY7O
俺も見た。俺的には超がっかりでしたわ。
***な戦隊もんみたいだったし、ドラマの世界観壊れまくりだし。

102 :名前は誰も知らない:2012/04/15(日) 09:16:07.76 ID:w+Kgro59O
あれは欠≠ヨ続くと見て良いのかしら?
続かないから欠≠ネのかしら?

103 :名前は誰も知らない:2012/04/15(日) 10:32:10.59 ID:IhaIIy0V0
バトルシップ面白そうだな

104 :名前は誰も知らない:2012/04/15(日) 11:14:38.70 ID:w+Kgro59O
ジョン・カーターも面白そう
タイトルが某医療ドラマの主人公だけどw

来週バトルシップとどちらを先に観ようか迷う

105 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/15(日) 18:20:20.10 ID:mne2jFpXP
つうか、「ジョンカーター」だの「バトルシップ」だのが
本当に千何百円払ってまで観に行く価値のあるシロモノだと思ってる?
特に前者なんてのは本場ハリウッドのアメリカ人ですら飽きれているってのに

106 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/15(日) 18:24:58.05 ID:mne2jFpXP
まあ「SPEC」なんかはどうでも心底どうでもいいんだけどね
終わりかけのCF(というマーケティング方式)の「続きはWEBで」みたいなもんで、
終わりかけのテレビ産業が目先の金儲けに走って「続きはシネコンで」と言ってるだけのものなんだから

107 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/15(日) 18:43:13.15 ID:mne2jFpXP
「怪奇大作戦」から「ダイヤモンドは砕けない」、あるいは「HEROES」まで
「日常対超常」モノってのは数限りなくある訳だけれども
情報化によってあらゆる人間がパノプティコン化した現代において
「限られた異能力者」を描くことに果たして意味はあるのだろうか

108 :名前は誰も知らない:2012/04/15(日) 18:50:44.14 ID:w+Kgro59O
価値観なんて人それぞれ
他者がとやかく言うことじゃない

109 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/15(日) 18:51:30.17 ID:mne2jFpXP
自分なら「警察対犯罪者」なんてチマチマした話ではなく
「革命」のダイナミズムを描くだろうね

110 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/15(日) 19:03:52.15 ID:mne2jFpXP
キューブリックが今生きていたら「アラブの春」を映画化していただろう

111 :名前は誰も知らない:2012/04/16(月) 00:40:49.61 ID:Y5PThCAEO
ブラックスワンのレズ・0721シーン

112 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/16(月) 01:29:10.87 ID:lRM1qeN8P
AVでも見れば?

113 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/16(月) 02:32:35.68 ID:lRM1qeN8P
http://v.youku.com/v_show/id_XMzQwOTExMDM2.html

参考になるけど、***なんだよなあ
キューブリックの本当の凄さってのは
「動く(アクションする)対象」を「空間」に配置するところにあるわけなんだけれど
「シャイニング」の三輪車のシーンだって
観客は「3輪車に乗る子供」だけでなく「その外側に存在する空間」に意識を向ける訳だし

114 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/16(月) 02:40:28.10 ID:lRM1qeN8P
「移動する主観」と「その外側の客観」ってのは
「人間」と「構造」であり
「個体」と「環境」であるわけで
それは「時計じかけ」や「フルメタ」で見られるような
「主体の狂気」と「政治の狂気」であり
キューブリックはその「関係性」にこそ着目してたわけでしょう
それがキューブリックなりの「映像の思想」だったわけだよね

115 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/16(月) 02:46:38.02 ID:lRM1qeN8P
「空間」に対する視点が全く抜け落ちてるんだよ
この番組は

116 :名前は誰も知らない:2012/04/26(木) 23:54:21.49 ID:6UnUcCB/O
おーい周辺人、最近映画みてるか?いつもキューブリックの話ばかりじゃねえか。

pina見にいった?

117 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/27(金) 00:06:58.96 ID:aLNjX+4xP
全く観てないw
「メランコリア」以来観た映画と言えば「ストーカー」だけ(ニコニコで)
TSUTAYAのカード更新すらやってない
「「アーティスト」とか「ドライブ」とか「ジョン・カーター」とか「バトルシップ」とか
最近の映画って全部データベース的な思考で昔の作品の基準に照らし合わせて「それっぽく」作ってるだけだよね

118 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/27(金) 00:12:53.81 ID:aLNjX+4xP
「pina」ってのも所詮は古典的アート表現に過ぎないわけで


119 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/27(金) 00:15:18.79 ID:aLNjX+4xP
そういう「焼き直し」や「それっぽさ」に対して金払う気は起きないかな

120 :名前は誰も知らない:2012/04/27(金) 19:21:24.25 ID:xKlg3s7T0
周辺人はなんか表現活動はせんのかいな

121 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/27(金) 19:49:32.57 ID:aLNjX+4xP
それを今考えてる

122 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 14:04:32.09 ID:zjuuF0PQ0
>>117
メランコリアは最近見た中で最低の映画だった。画面酔いした時点で公平な評価はできないけど
それにしても周辺人は映画に革新さでも求めてるのか?外枠が古典的であっても、細部が良質だったら十分楽しめるぞ。
タルコフスキーだって古典的だぞ、あれも細部を重視してる映画。切り取られたイメージに共鳴できるかどうかっていう映画だね。
個人的にはタルコフスキーの映像センスはださいって思っちゃうけどね。
それとバトルシップとかジョンカーターは、何も考えずにアトラクション的に楽しむ映画じゃないの?見てないけどさ


123 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 15:54:32.50 ID:WwOjr/zCP
>>122
「メランコリア」は最低かどうかはさておき、
お世辞にも褒められた作品ではない

ところであなたの言う「大枠」と「細部」ってのは
具体的にどういうもののことを言ってるの?

124 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 18:00:36.10 ID:zjuuF0PQ0
データベース的だとか、それっぽくだとか、古典的っていう君の言葉に対応させて、外枠って言葉を使ったんだ。
細部は画と動きと音から成る瞬間瞬間のこと。要は、見るまでわからないだろってことが言いたかったんだ

125 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 18:15:32.14 ID:WwOjr/zCP
「見るまでわからない」ってのはその通りだけど
あからさまに期待薄なところに投資はしたくないな

あと「外枠」と「細部」だけど
少なくとも自分の場合はそういう見方はしていないよ
「総体」としての「イメージ」であり「メッセージ」を受け取り、それを「批評」する
町山智浩のような「映画評論」をするつもりはない

126 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 18:18:06.21 ID:WwOjr/zCP
キューブリックは映像によって世界を叙述しようとした
そこでは「全体」は「細部」に還元され
「細部」に「全体」が宿る

127 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 18:20:47.39 ID:WwOjr/zCP
>>124
あなたは(町山智浩のように)映画に「公平な評価」が可能であると思っているようだけれども
例えば観客を画面酔いさせ、「公平な評価」へのアプローチを阻む作品についてはどう思ってる訳?

128 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 18:27:56.73 ID:WwOjr/zCP
「アーティスト」や「ドライブ」なんかは観なくとも「志が低いな」と思っちゃうけどね
「ジョンカーター」だとか「バトルシップ」はどうでもいい

129 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 18:55:43.07 ID:zjuuF0PQ0
考え方がフレーム的すぎるよ。全体と細部の相関性は当たり前の話でしょう。
君のフレームに一項目でも当てはまらない映画は駄作の烙印を押されるのか?

映画に限らず全てのものは相対的にではなく絶対的に(つまり公平に)評価できると思うし、じゃないと***とも思う。

130 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 19:03:11.85 ID:qOk9x+xWO
今晩、バトルシップとジョン・カーターどっち観るか迷ったけど、意外と評判の良いジョン・カーター先に観てくるわ

131 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 19:08:48.68 ID:WwOjr/zCP
>>129
だからその「公平な評価」へのアプローチを阻む作品を、あなたはどう評価するの?


>君のフレームに一項目でも当てはまらない映画は駄作の烙印を押されるのか?

そんなこと一言も言ってない

132 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 19:13:07.59 ID:zjuuF0PQ0
>>131
たんに評価しない

じゃあどうして見てもいない映画を切り捨てる?フレームがまずあって、そのフレーム外のものは切ってるんでしょうが

133 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 19:16:01.38 ID:WwOjr/zCP
>>132
つまり(少なくとも意識レベルにおいて)観なかったことにするということ?

切り捨ててはいない「積極的に投資するレベルには達していない」と判断するだけのこと

134 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 19:22:51.69 ID:zjuuF0PQ0
俺にとってはないも同然ということ。

周辺人は良い映画を見逃してそうだからついレスしたんだよ。
さすがにバトルシップやジョンカーターはアトラクション要素が強すぎて、棚が違うって感じするけど

135 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 19:27:02.69 ID:WwOjr/zCP
でも「画面酔い」でなくとも眠かったり、空腹だったり、心配事があったり、急にムラムラと性欲が湧いてきたり、あるいは鑑賞中に地震が起きたり
「公平な評価」へのアプローチを阻む要素ってのはいくらでもあるわけだよね

どんなに良い企画であってもプレゼンに失敗すれば却下されることがある
すべての資源は有限である

136 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 19:27:34.78 ID:WwOjr/zCP
要素というか要因だね

137 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 19:37:50.50 ID:WwOjr/zCP
それに「ないも同然」という割には「最低だった」という表現が出てくるわけだよね

138 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 19:44:36.16 ID:zjuuF0PQ0
程度の問題。自分の中に映画を再構築できるか否かが基準。

ないも同然なら最低でしょう?金払ったんだから

139 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 19:46:31.86 ID:WwOjr/zCP
「自分の中に映画を再構築」ってどういうこと?

140 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 19:53:02.59 ID:zjuuF0PQ0
小説を読んでると頭に小説世界が出来上がってくるでしょ、そしてその小説世界をもとに評価を定める。
映画の場合は、小説の場合のステップを一段飛ばして、直接映像と音でもって世界を提示してくる。
次々に通り過ぎるシーンを自分の中に堆積させて映画世界を構築する、そして最後に出来上がったもので評価を定める。

141 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 19:55:06.46 ID:WwOjr/zCP
しかしその場合「作品」と「自分内作品」の間には差異が生まれる訳だよね?
少なくともその可能性を認めるわけだよね?

142 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 19:58:10.92 ID:zjuuF0PQ0
差異は生まれる。しかし作品の質は呼応する。

143 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 20:00:21.38 ID:WwOjr/zCP
どうして「呼応する」と言い切れるんだか
どこにそんな根拠がある?

144 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 20:03:27.90 ID:zjuuF0PQ0
質問ばかりで疲れたよ。まず君の評価に対する考えを提示してくれよ
とにかく相対的評価は俺にとって***んだ。論理に矛盾があろうと支持できない

145 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 20:06:30.39 ID:WwOjr/zCP
自分の場合は「イメージ=メッセージ」をそのまま受け取って
それを自分の中にある様々な概念に照らし合わせて「批評」という形で表現する
「公正な評価」かどうかは自分自身では判断しない

146 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 20:09:32.38 ID:WwOjr/zCP
それで、何故「呼応する」と言い切れる?

147 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 20:15:49.14 ID:zjuuF0PQ0
評価と批評はどう違う?批評のなかでは作品の出来不出来は語られないのか?
だいたい作品の質と自分の中で再構築されたものの質が呼応しないのならば、批評など送るはずの手紙を引き出しの中にいれっぱなしにしてるのと同じことじゃないか。

148 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 20:17:42.08 ID:zjuuF0PQ0
質は呼応しなければならない。全てが内的落書きに終わってしまうのを防ぐために。

149 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 20:17:44.75 ID:WwOjr/zCP
「評価」と「批評」は同じだが
「公正な評価」と「批評」が同じであるとは限らない

150 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 20:18:48.17 ID:WwOjr/zCP
>>148
あなたが「呼応しなければならない」と思うのはいいんだけど
実際に「呼応しなかった」場合はどうするんですか?

151 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 20:20:28.54 ID:zjuuF0PQ0
公正な評価を自分では判断しない、というけれど批評の中で自分の尺度による評価は下してるわけでしょ?
それじゃあ自分の中に、公正な評価があることを認めているのと同じじゃないか

152 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 20:22:41.55 ID:WwOjr/zCP
自分の中の「公正な評価」が誰かにとっての「独断と偏見」である可能性はあるわけだよね

153 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 20:54:08.30 ID:zjuuF0PQ0
評価は淘汰されるでしょう。
受け手の評価に高低の差は生まれても、それぞれの中に再構築されたもののは差異はあっても質の違いはない。
つまり評価する側に問題がある。単直に言えば見る目があるかどうか。そして見る目は誰でも会得することができる。
公正な評価は自分では判断しないそうだけど、受け手の総体には公正な評価は可能だと考えてる?

いまシングルマンという映画を観終わった。印象的なシーンが二つだけあった。
自分の中に再構築されたのはモダンなだけの安っぽい建造物。
しかし螺旋階段の深紅の手すりと、天窓から差し込む陽光だけが、あたたかな残像となって心にしみついた。これが俺の評価のイメージ

154 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:12:44.66 ID:WwOjr/zCP
>それぞれの中に再構築されたもののは差異はあっても質の違いはない

「差異」と「質の違い」の違いって何?
「質の違いはない」と言い切れる根拠は?

>受け手の総体には公正な評価は可能だと考えてる?

考えていない?
しかしその「批評」の連鎖運動の中で新しい何かが生まれることはあると思う

155 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:13:12.52 ID:WwOjr/zCP
「考えていない?」じゃなく「考えていない」ね

156 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:16:03.87 ID:WwOjr/zCP
>>153
あなたの「シングルマン」の批評だけど、
「なぜ?」がないんだよね
>モダンなだけの安っぽい建造物。(何故安っぽい?)
>あたたかな残像となって心にしみついた。(何故?)

少なくともこういうものを「批評」とは呼ばない(あなた自身「批評」するつもりはないのかもしれないが)

157 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 21:19:01.18 ID:zjuuF0PQ0
差異というのは、評価の形。つまり自分の中に再構築されたものが山の形をしてるかもしれないし、城の形をしているかもしれないということ。
山だから質が低いとか、城だから質が高いということはない。
質に違いのない根拠は、受け手はみな同じものを見たのだから、としか言いようがない。
あとは見る目の問題。見る目とは主観(プラス共有化された客観)を排除した視点のこと。いわば定点カメラの視点

158 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 21:19:46.62 ID:zjuuF0PQ0
>>156
だからそれは例えばのイメージだよ。批評ではない

159 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:35:46.64 ID:WwOjr/zCP
>>157
あなたの言う「質」とは何?

160 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:37:06.52 ID:WwOjr/zCP
>>158
で、そのイメージを書き込むことでどうしたかったの?

161 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 21:41:15.24 ID:zjuuF0PQ0
>>157
定点カメラの視点で対象を見た場合に現れるもの。
映画で言えばカメラワーク、構図、色彩、ロケーション、セット、美術、役者の演技、音楽、カット割り、シナリオ、テンポ、思想等々が堆積した建造物を定点カメラでみたときに見出せるものが、質。

162 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:45:32.53 ID:WwOjr/zCP
>>161
で、その「質」を「見る目は誰でも会得することができる」と言っているけど
会得される「見る目」ってのは何?

163 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 21:46:47.70 ID:zjuuF0PQ0
>>160
自分の中に再構築したもので評価する、っていうイメージが湧きづらいかなと思って例をだしたのよ。
余計わかりづらくなったみたいだが

164 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 21:47:48.92 ID:zjuuF0PQ0
>>162
>>157に書いた

165 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:52:18.88 ID:WwOjr/zCP
>>149で「批評と評価は同じ」と書いたけれど
それはやっぱり厳密には違ってて
「評価=批評」ではなく「評価⊂批評」なんだよな
「批評」は「価値を評する」以上のものなんだよね
「批評」は運動体なんだ

166 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:53:27.37 ID:WwOjr/zCP
>>164
主観を排除した視点なんてものがありうると思う?
しかもそれを個人が有することなんてあると思う?

167 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 21:54:45.48 ID:zjuuF0PQ0
>>165
批評は創作だね。また評価の対象になりうる

>>166
近づくことはできる

168 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:55:51.74 ID:WwOjr/zCP
で、その「見る目」が百歩譲って有りうるとして
その「見る目」を何故「表現」せねばならないのか

169 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 21:56:37.96 ID:zjuuF0PQ0
見る目を表現とは?

170 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:58:11.76 ID:WwOjr/zCP
>>167
その通り
厳密には「また批評の対象になりうる」

「近づいている」というのは主観的判断だよね

171 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 21:59:26.57 ID:WwOjr/zCP
>>169
何故書いたりせねばならないのか

客観的判断には「近づいている」も何もない訳で
「正しいか否か」を暫定的に判断するしかない

172 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 22:12:05.25 ID:zjuuF0PQ0
周辺人は認識した世界が全てだと考えてるのか?それぞれの認識がそれぞれの世界の全てだと
しかし実際にはこの地球も宇宙も、在るようにして在るんだぞ。映画だって在るようにして在る。
それを無視して個々の認識が全てだというのか。認識される対象は在る。認識以前に在るんだ。それは無視できない
だから定点カメラが必要になる。認識せずに認識するために。

173 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:14:09.18 ID:WwOjr/zCP
「認識」されない「対象」など、「対象」ですらないよ

174 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:19:40.96 ID:WwOjr/zCP
で、その上で
「認識せずに認識するために。」というのは何のために?

175 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 22:19:59.24 ID:zjuuF0PQ0
>>173
近代哲学の悪しき影響だな。それは上辺の論理だ。
対象という言葉のあやに騙されている。
対象は認識の前にくる。人間という対象が生まれなければ認識など不可能ではないか


176 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:23:36.90 ID:WwOjr/zCP
>>175
「人間」という対象が生まれたのはそれを認識したからでしょ

177 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 22:24:38.70 ID:zjuuF0PQ0
堂々巡りだよ。結局対象が先にくる

178 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:25:58.07 ID:WwOjr/zCP
認識されない対象なんて何の意味もないでしょう
石が石を認識しないのと同じ


179 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 22:26:23.26 ID:zjuuF0PQ0
心が最初に作られて肉体が後になって生まれたのでない限りね

180 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:27:15.53 ID:WwOjr/zCP
今時「心身二元論」なんてことを言う奴がいるんだ

181 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 22:27:40.29 ID:zjuuF0PQ0
>>178
なぜ意味がない?生命が生まれる以前から地球は在るのに
そして地球がなければ生命はないのに

182 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:30:41.41 ID:WwOjr/zCP
>>181
だから「対象こそ先に来る」というのもあなたの認識だよね

183 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:36:01.44 ID:WwOjr/zCP
たとえ「対象」が先に来るのだとしても
それは自分にとって(恐らく誰にとってもだが)「認識外」なので感知の仕様がない
だからこそ「認識」から始めるしかない

184 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 22:39:57.96 ID:zjuuF0PQ0
>>182
認識ではなく論理。物質現象が有機体でも同様に起きるのはなぜか?
物質世界から有機体は生まれた。生命も石っころも同じ法則によって成り立っているということ。
有機体と無機物をなぜわける?認識とは堂々巡りを引き起こすだけの詭弁的存在。
石っころに認識能力がないことこそ、対象が認識よりも先に来る証拠。

>>183
それは哲学の世界。認識外を表現しようと奮闘することこそ創作

185 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:42:58.07 ID:WwOjr/zCP
>>184
だからあなたはその対象、法則を認識してるんでしょ

認識外のものを表現するのは不可能だし
歴史上そんなものは何一つない
それこそ詭弁だ

186 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:45:04.17 ID:WwOjr/zCP
「「認識」より「対象」が先にある」なんてことを認識させようとすること自体間違ってるんだよ
馬鹿だなあ

187 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 22:54:08.89 ID:zjuuF0PQ0
>>185
例えば神や死後の世界といった思考の限界の外にあるものは認識外ではないの?
それも全て認識内というのなら、もう何もいうことはないよ。君の言うとおりだ。

>>186
それじゃあ即ち思考停止せよ、と言われてるのと同じじゃないか。俺はもっと考えたいよ。

ところで5月23〜26日にラピュタ阿佐ヶ谷で青べか物語っていう映画が上映されるんだけど、見に行くことをお勧めする。
久々に楽しみな映画だ

188 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 22:55:58.66 ID:WwOjr/zCP
>>187
「神や死語の世界」と既にもう認識してるじゃない

189 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:02:43.33 ID:zjuuF0PQ0
>>188
君は死後どうなるか想像できる?無を認識しているといえる?
怖い言葉だ、認識って。

190 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 23:07:18.73 ID:WwOjr/zCP
出来るよ

191 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:09:34.14 ID:zjuuF0PQ0
わかった。じゃあこの言語ゲームはもうおしまい。
俺が私的言語をだしたのが悪かったよ

192 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 23:13:22.35 ID:WwOjr/zCP
じゃあ「悪くない選択肢」としてどういうものが有り得た?

193 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:16:31.23 ID:zjuuF0PQ0
俺が迎合すれば言語ゲームは続けられたというだけ。なにも生まれないよ

194 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:18:37.62 ID:zjuuF0PQ0
認識という言葉に関する理解が違う時点で話は平行線。
でも平行線のほうが得られるものが多いって場合も少なくないけどね

195 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 23:24:32.23 ID:WwOjr/zCP
じゃああなたの言う「認識」を教えてよ

196 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:37:36.42 ID:zjuuF0PQ0
周辺人の言う認識は全てを網羅している。完全無欠
俺の言う認識の範囲は、思考の限界とイコール。死後や宇宙の外は思考の外。

197 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 23:40:06.87 ID:WwOjr/zCP
いやいや人間は死後や宇宙の外についても思考するでしょうが

198 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:42:26.93 ID:zjuuF0PQ0
いや、完全な無について人間は思考できない。天才的な科学者でもね。
空想はいくらでもできるよ

199 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:46:31.46 ID:zjuuF0PQ0
宇宙の起源は?宇宙が拡がる前は一体どうなってたの?さらにその起源は?さらにそのまたそれの起源は?

認識には限界があるよ

200 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 23:49:24.20 ID:WwOjr/zCP
「思考」と「空想」が隔たるものだと思ってる?
それにあなたは「宇宙の外」や「死後の世界」を「無」であると既に認識、定義している
さらにそういうものですら思考することはできる
「宇宙の外」は「宇宙以前」から「空想」(思考)できるし
「死後の世界」は「他者の死」から「空想」(思考)できる

201 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 23:50:06.28 ID:WwOjr/zCP
>>199
そういう話についてはもう既に色々な論考が科学者によってなされているよ

202 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:54:24.56 ID:zjuuF0PQ0
じゃあ始まりも終わりもないものを空想できるか?


203 :名前は誰も知らない:2012/04/28(土) 23:56:54.96 ID:zjuuF0PQ0
無から有は生まれない。つまり宇宙には起源なんかなくてずっとずっと在ったということになる。
科学者が一体どんな論文を出してるって言うんだ

204 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/28(土) 23:58:39.13 ID:WwOjr/zCP
始まっていない以上認識できないので空想はできない
しかしながらあなたが「始まりも終わりもないもの」という言葉を発した時点で「それは何か?」と空想が始まる
もし「始まりも終わりもないもの」というイメージが何もないのであればそういう言葉すら浮かばない訳だからね

205 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/29(日) 00:00:38.20 ID:WwOjr/zCP
>>203
とりあえずググってみたら?
論文として既にまとめられたものだけが「知」ではないし
だからこそ人々は思考し続ける


206 :名前は誰も知らない:2012/04/29(日) 00:02:43.76 ID:GKdgpwp40
それは始りも終わりもないものを思考しているのではなく、始まりも終わりもないものとはなにか?を思考している。
殿様を暗***ようとしてるのに、その影武者のことをあれこれリサーチしているようなもの

207 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/29(日) 00:06:06.51 ID:eRaXwui5P
>>206
もし「始まりも終わりもないもの」というイメージが何もないのであればそういう言葉すら浮かばない訳だからね


208 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/29(日) 00:07:48.47 ID:eRaXwui5P
「始まりも終わりもないもの」についてあなたは思考した
だから言葉が発せられた

209 :名前は誰も知らない:2012/04/29(日) 00:15:30.19 ID:GKdgpwp40
うーん。思考という言葉はミスチョイスだったな。認識とほぼ同義じゃないか
とりあえず明確な思考というべきか。論文に書いて発表することが不可能なことと言うべきか。
いずれにしろ言葉の定義の問題で、***話だよ

210 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/29(日) 00:17:53.71 ID:eRaXwui5P
「論文として発表することが不可能であるかどうか」を問い続けるのが思考なんだよ
「論文として発表することが不可能である」というのは思考ではなく帰依だ

211 :名前は誰も知らない:2012/04/29(日) 00:51:13.51 ID:1FTyACh1O
ジョン・カーターおもしれーじゃんw
観て良かった

212 :名前は誰も知らない:2012/04/29(日) 01:06:08.81 ID:GKdgpwp40
感覚的な話になるが、始まりも終わりもないという言葉を聞いて思考をめぐらそうとする時、なにか靄がかかって脳みそが苦しくなる感覚を覚えないか?
その感覚を俺は思考外と呼んだわけだが、これもやはり私的言語だ。
またしてもゲーム失格者だ、感覚が論理を押し退けてたよ。では、おやすみ〜



213 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/04/29(日) 01:18:27.14 ID:eRaXwui5P
あらかじめ明快な答えが規定されているならば
思考を巡らす必要もないわけだね

214 :名前は誰も知らない:2012/04/29(日) 19:51:21.72 ID:1FTyACh1O
今晩はバトルシップ観てくるわ

215 :名前は誰も知らない:2012/04/30(月) 00:35:14.22 ID:HxJBKVAHO
観てきた
案外楽しめた

ストーリー後半、現存する最後の巨大戦艦ミ◯ーリ号出港と敵巨大母艦との戦闘が燃えた

ただエンドクレジット後のシーンはあきらかに蛇足だろw

216 :名前は誰も知らない:2012/05/05(土) 23:43:36.66 ID:SEFqh8I1O
これから 僕等がいた 見るよ

217 :名前は誰も知らない:2012/05/06(日) 09:52:27.03 ID:tpQ/UziF0
セント・オブ・ウーマン







218 :名前は誰も知らない:2012/05/08(火) 02:28:23.86 ID:6WmKrs3lO
今月はダーク・シャドウとガンダムUCを観に行く予定

219 :名前は誰も知らない:2012/05/09(水) 08:56:50.25 ID:DZmj7Nar0
自転車泥棒が好きでサマーウォーズが嫌い

220 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/10(木) 21:18:03.24 ID:9sq2hngHP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120510-00000325-oric-ent

庵野とか樋口とか
90年代の新保守(「現実」主義)の潮流の中で名を上げた
専門型知識人(オタク)をいつまで業界は崇め奉るつもりなんだろう

221 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/10(木) 21:36:11.33 ID:9sq2hngHP
>>219
その二作はどういう観点で比較してるの?

222 :名前は誰も知らない:2012/05/10(木) 22:03:38.29 ID:r9Vf7Vm30
>>221
孤男なら共同体とか地域社会とか家族とか仲間とかそういうのは***食らえだと思うやろ?そうやろ?
まぁ単純にそれだけってわけでもないけど
個人的に相反する映画だと思う

223 :名前は誰も知らない:2012/05/10(木) 22:04:51.59 ID:48/E3frhO
お前、ニートだろ

224 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/10(木) 22:06:57.28 ID:9sq2hngHP
サマウォで描かれた「共同体」ってのは限りなくシミュラークル的なものなんだけどね
それはともかくサマウォは観てびっくりしたよ
「何一つ良いところの無い映画ってこういうものなんだ」ってね

225 :名前は誰も知らない:2012/05/10(木) 22:51:37.41 ID:48/E3frhO
お前、ニートだろ

226 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/10(木) 23:00:11.20 ID:9sq2hngHP
お前、***だろ

227 :名前は誰も知らない:2012/05/10(木) 23:43:28.93 ID:48/E3frhO
お前、絶対メガネかけてるだろ(笑)

228 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/10(木) 23:45:24.34 ID:9sq2hngHP
俗人的批判(それにしても程度が低いが)しか出来ない人間って可哀想だよね
その程度の知性しか持ってないんだから

229 :名前は誰も知らない:2012/05/11(金) 00:41:40.05 ID:O030Du0c0
まったくだ、ほれ***と書いてやるどうだ面白いだろう***は、ふはは

230 :名前は誰も知らない:2012/05/13(日) 18:08:11.20 ID:S/QOkgEHO
921:吾輩は名無しである :2012/05/13(日) 18:07:31.24 [sage]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/book/1326725568/
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/book/1326896987/

231 :名前は誰も知らない:2012/05/15(火) 01:18:27.62 ID:cg1rfoBAO
テルマエ・ロマエて面白いのか?

232 :名前は誰も知らない:2012/05/15(火) 02:36:28.41 ID:26Cq2rjNO
つまんないよ

233 :名前は誰も知らない:2012/05/15(火) 15:05:22.93 ID:FhHca5G3O
映画は好きだけどムカつくやつがいるから好きなことも書けやしない

234 :名前は誰も知らない:2012/05/20(日) 00:31:24.37 ID:3TB7nxBK0
ダークシャドウ見てこよう

235 :名前は誰も知らない:2012/05/20(日) 12:45:03.72 ID:pPTDopbiO
僕等がいた 二回見てしまった・・・

さすがに一度目ほど来るもんはなかったが

236 :名前は誰も知らない:2012/05/20(日) 13:50:33.67 ID:N9O+ZaYcO
ダークシャドウみてきた

237 :名前は誰も知らない:2012/05/21(月) 14:50:56.05 ID:dafhdAkyi
>>236
どうだった?

238 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/21(月) 23:17:08.91 ID:C3NPkrqRP
「僕等がいた」とか「ダークシャドウ」とか・・・

ご苦労さん

239 :名前は誰も知らない:2012/05/22(火) 00:07:57.83 ID:xjeJ1qhU0
ティムバートンジョニーデップとかもういいわw

240 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/22(火) 00:35:35.59 ID:q8oCt3u2P
ティムバートン自体元から過大評価気味だったからね
「シザーハンズ」にしろ「バットマン」にしろそこまで褒められた出来じゃない

241 :名前は誰も知らない:2012/05/22(火) 06:53:03.50 ID:EfCQOEoc0
ファイトクラブについて語れる人いるかな
解説頼みたいんだが

242 :名前は誰も知らない:2012/05/22(火) 06:59:03.55 ID:UiEAS/JI0
ロバート・デ・ニーロのタクシードライバーなんて
定番過ぎるだろうか・

243 :名前は誰も知らない:2012/05/22(火) 09:35:53.88 ID:GzSZywpCO
定番通り越して恥ずかしい

244 :名前は誰も知らない:2012/05/22(火) 15:35:44.02 ID:DUe9U7IrO
毎回死ねよトラビスって思っちゃう

245 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/22(火) 18:46:15.31 ID:q8oCt3u2P
スコセッシの映画って映像が***んだよな
何でそこまで評価されてるのかわからん

246 :名前は誰も知らない:2012/05/22(火) 18:51:31.12 ID:IhMdqrl7O
正直トラヴィスの行動は極端すぎて感情移入出来なかった

247 :名前は誰も知らない:2012/05/22(火) 19:16:07.90 ID:I5MbBrVKO
>>237
想像どおり思ってたより面白くなかった

でも好き

248 :名前は誰も知らない:2012/05/24(木) 16:30:06.22 ID:NN/czOJh0
デジャブ見た
既視感を持つ刑事が出てくるサスペンス物かと思ってたらSFだった

249 :名前は誰も知らない:2012/05/24(木) 17:32:00.27 ID:RJTGiIsy0
テルマエ・ロマエ見てきた
原作見たことなかったけど、中々楽しめる作品だった

250 :名前は誰も知らない:2012/05/25(金) 08:34:30.00 ID:OS2Fg7+U0
>>244
>毎回死ねよトラビスって思っちゃう

毎回って 何回見てんだよ

251 :名前は誰も知らない:2012/05/26(土) 04:17:46.81 ID:fJlmUPyJ0
ゴジラvsキングギドラ
むちゃくちゃすぎてワラタ

252 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/26(土) 04:25:18.07 ID:7vwZYx8lP
頭の中にディスク入れるシーンは初めて見た時美味しそうだと思った

253 :名前は誰も知らない:2012/05/26(土) 06:11:55.00 ID:Cht2AI3iO
美女と野獣微妙だった。ディズニー映画全般に言えることかも知れんが
ミュージカル部分が冗長過ぎる。つまらん歌詞が長々続く

254 :名前は誰も知らない:2012/05/26(土) 08:09:17.87 ID:3y6UV6ld0
ボーンアイデンティティ
何で暗殺失敗しただけでしつこく仲間の組織につけ狙われるのかよく分からない
あの女も別にいらないような気がする

255 :名前は誰も知らない:2012/05/26(土) 15:23:11.33 ID:O35SUE+VO
MY HOUSE 良かった

256 :名前は誰も知らない:2012/05/26(土) 15:53:05.29 ID:eULNUEm0O
坊主でヒゲのやつが主役の映画はつまらんのばっかだよな



257 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 02:01:41.45 ID:Sw9/2Bxy0
例えばなんだよw

258 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 12:35:30.07 ID:v3eOWjVL0
ウィルスミスとか?

259 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 19:39:18.29 ID:jN/6icZQ0
「ロック、ストック〜」賭けで負けて泥棒する話
なんか雰囲気でごまかしたイギリス映画だった。
物語がうまくはまるのが気持ち良かったけど、後には何も残らない。
評価高くて期待してただけに残念。

「瞳の奥の秘密」過去の殺人事件と自分の恋に未練がある裁判所職員の話。
良い映画だった。長さを感じなかった。
恋愛は弧男にも、一般人にも普遍的で通じるものだと感じた。

260 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/27(日) 19:44:19.36 ID:GA4sQ1ilP
自分という存在を(内面的に)「孤男」とカテゴライズして(一種の自己暗示)
「普遍的で通じるものだ」とか言われてもねえ

261 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 19:48:06.61 ID:o9dZV2rk0
写真で瞳を見ただけでこいつは犯人だってそりゃねえよw

262 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 20:40:51.40 ID:jN/6icZQ0
アニメ観てても小説読んでても映画観てても、
恋愛の描写で自分の状況と重ね合わせることが
なぜかいつも出来るんだ。

そんなものには絶対縁が無いし嫌だからといつも避けてきたけど、
不思議で仕方ない

263 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/27(日) 20:47:26.94 ID:GA4sQ1ilP
それはプロ市民やネトウヨと同じ心理なんじゃないの?
例えば従軍慰安婦問題にしろ生活保護基準引き締めにしろ、
その問題を解決したところで自分自身の「生」の質が向上する訳でもないにも関わらず(場合によってはさらに「生き辛く」なる可能性があるにも関わらず)
その問題に異常に肩入れし「公正な第三者の目線」で何かを語りだす

264 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 21:05:59.62 ID:DquDxU1c0
さあ、これから真の孤男、ジェイソンボーンの最終章がはじまるよ

265 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 22:00:29.85 ID:67WTGOvbO
>>263
全く理解出来ない。
ネット右翼とか何だかしらんけど、あなたのそれらに対するレッテル張りは先入観に囚われ過ぎだと思う。

世の中そんなに単純じゃないと思うよ。グループの中でも色々な事情を持ってそれに参加しているだろうし。

俺は最近、すごく恵まれていたこと。周りの人に感謝すべきだと感じた。早くうつ治したい

266 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/27(日) 22:29:05.46 ID:GA4sQ1ilP
「色々な事情がある」ってのはその通りで、
実存的な動機付けで参加する人々
権益を動機付けとして参加する人々
宗教的な動機づけで参加する人々等々
色々な事情があってそれぞれ物事が複雑に絡み合っている

そうしたことを前提として俺が言っているのは
「現象」と「自己」との間の関係性、相互作用のことなんだよね

267 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/27(日) 22:32:33.33 ID:GA4sQ1ilP
「何故日本の新聞社が韓国で従軍慰安婦の性被害を事実を歪めてでっち上げねばならなかったのか?」
「何故政治家が一私人の不正受給問題を属人化して祭り上げ、それに市民が喝采を送ったのか?」


268 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/27(日) 22:39:55.40 ID:GA4sQ1ilP
勿論自分は河本準一を免罪するつもりはないし、
彼の母親(もしくは彼)は自主的にこれまで受給された金を返納すべきだとも思うわけではあるが

269 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/27(日) 22:42:41.07 ID:GA4sQ1ilP
「何故日本の新聞社が韓国で従軍慰安婦の性被害を事実を歪めてでっち上げねばならなかったのか?」
「何故政治家が一私人の不正受給問題を属人化して祭り上げ、それに市民が喝采を送ったのか?」

そして>>262に繋げて言えば
「何故恋愛したことも無く、それを避けてさえいた人間が、メディアのよって描き出される「恋愛物語」をあたかも自分自身のことのように主体化、内面化するのか」
ということ

270 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/27(日) 23:03:13.24 ID:GA4sQ1ilP
スレチになるのでこの辺にしておくが
もし日本の有権者に僅かばかりでも良識があるのなら
次の選挙で片山と世耕は落選するだろうね

271 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 23:14:27.87 ID:EnwnIGVCO
別に深い意味はないんじゃないのw
世の中君みたいに理屈でガチガチに行動してる人ばかりじゃないでしょw

272 :名前は誰も知らない:2012/05/27(日) 23:55:15.51 ID:3FafzliaO
戦場にかける橋がおもしろかった。

273 :周辺人 ◆4GTf2nXEXM :2012/05/28(月) 19:49:13.16 ID:F8ZQM4UA0
スレチよりも連投をやめろよ
まあ何度行っても理解できない***だから仕方ないけど

274 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/28(月) 19:59:53.42 ID:nN9QODtNP
>>273
あなたちょくちょく見るけど誰に向かって何を述べてるの?
人のコテパクって

275 :名前は誰も知らない:2012/05/28(月) 20:14:47.52 ID:QtJ6AQb60
幸せの教室見れば、少しは幸せな気持ちになれるかな(´・ω・`)

276 :名前は誰も知らない:2012/05/28(月) 20:39:38.65 ID:/IpsGwKVO
多分、主人公のリア充ぷりを見て奈落の底に叩き落とされると思う

277 :名前は誰も知らない:2012/05/28(月) 20:41:18.94 ID:/IpsGwKVO
原作読んでないけど苦役列車楽しみ

278 :名前は誰も知らない:2012/05/28(月) 20:53:52.96 ID:HnyXv5j20
日本じゃ社会人大学生って一般的じゃないしなあ

279 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/28(月) 20:59:03.00 ID:nN9QODtNP
最近のトム・ハンクス主演映画は酷いのばっかだね
まあ反面教師として見る分には無駄にはならないんじゃない?

280 :名前は誰も知らない:2012/05/29(火) 01:57:40.35 ID:B5p+wpxgO
>>275
どうせ観るなら幸せへのキセキのほうが良いんじゃない?

281 :名前は誰も知らない:2012/05/29(火) 19:42:16.20 ID:4ahqyCoE0
スケアクロウ

282 :名前は誰も知らない:2012/05/30(水) 01:06:21.04 ID:qooEBG+j0
ところで0007の人が出てるスェーデンのミステリ映画見た人いたら評価たのむ

283 :名前は誰も知らない:2012/05/31(木) 08:59:10.22 ID:TQlAMyvc0
パルムドールはM・ハネケ監督の「アムール」
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20120528-OYT8T00913.htm

284 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/05/31(木) 18:59:32.00 ID:80VlKXx2P
カンヌ国際映画祭ってのも完全に固定化された観念の溜まり場になってるんだなぁ
あらかじめ既定された枠組みの中で作品を添削する行為って、もはや批評でもなんでもないよね

285 :名前は誰も知らない:2012/06/01(金) 18:31:47.77 ID:+T3rYup30
出会いサイトの90%は悪質サイトが占めています。しかし、真面目に運営されているサイトを利用すれば素敵な出会いがあるのが事実です。下記サイトに限っては『悪質行為等は絶対にありません』のでもし興味のある方はこの機会にもう一度お試しになってみて下さい。

◆総合ランキング◆
【第1位】ミントC!Jメール http://mimtc.org/
・会員数300万人
・業界No.1の人気と実績を誇る大型老舗サイト
・20代のOLやフリーターや女子大生など若い女性層が最も多い
・電話認証なし、サクラなし、迷惑行為なし
☆登録無料☆

『登録完全無料』で、自信を持って勧められる『日本最大級の安全な大手優良コミュニティ』ですので、ぜひ試しに登録してお気に入りを探してみて下さいね。
※児童保護の為、必ず18歳以上である【年齢確認】を行って下さい。
【年齢確認】を行わない場合、メール機能等が利用できません。

286 :名前は誰も知らない:2012/06/13(水) 20:25:55.29 ID:tm45pCaC0
やっとグッドウィルハンティング借りれた。土日が楽しみだ

287 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/06/13(水) 20:46:32.26 ID:pkEC0PUjP
所謂「アート系」と見なされている表現者が
「俺だってこんな風に「大衆的」な表現ができるんだぜ!」と気張ってみせたものの
結果的に大失敗したという好例

288 :名前は誰も知らない:2012/06/14(木) 09:30:14.63 ID:8jqguG3vO
好きな映画戦争もの嫌いな映画ジョニーデップの出ているもの

289 :名前は誰も知らない:2012/06/15(金) 01:53:12.06 ID:kjMBZEyh0
ブロークバックマウンテンはどう?
登場人物の性格の相違が環境を通して描かれていて、その噛み合わなさが悲しい映画だったな。


290 :名前は誰も知らない:2012/06/16(土) 17:44:27.50 ID:M00u/ow0O
>>289
良作。風景描写が綺麗だった記憶がある。同性愛もありだと思った。その後ミルク観てやっぱり止めた。

作品賞獲れなかったのは明らかに主題のせい。クラッシュもテンポが良い素晴らしい映画だけど、こっちの方が重厚で数段良い

291 :名前は誰も知らない:2012/06/18(月) 01:16:54.65 ID:Y0xylEavO
ジョニ・デップの出ている戦争もののプラトーンは?

292 :名前は誰も知らない:2012/06/18(月) 01:49:44.25 ID:PcGodY6IO
また目が覚めてしまった
まあ毎晩のことなんだが
不眠症気味だ
こうつまらん人生を送ってると心身ともにおかしくなるよな
それにしても腹が減った
ポテトチップスを食べたい

293 :名前は誰も知らない:2012/06/19(火) 21:00:27.32 ID:mvA9Fe480
「グッドウィル〜」荒んだ生活を送る天才青年が助けをさしのべられる話。

期待していたが、あんまり何も残らなかった。
自分のことを語りたがらないのは自分にも共通していると思った。
ラストの結末は良かった。自分も免許取りたいと改めて思った。
ヒロイン役はキャストミスだろ。なんだよあのおばさん。

「岳」山岳救助にかかわる人々を、山岳警備隊の新人を中心に描いた話。

良かった。こういう映画にありがちなご都合主語的な強引な展開に、
うんざりされることなくて良かった。
描写もしつこくなくてなんか自然だった気がする。あっさりしていた。
数ある山に関する映画の中で最近ではベストだと思う

294 :名前は誰も知らない:2012/06/26(火) 08:50:13.07 ID:BxXKndqy0
「オールドボーイ」おすすめ
お前らの大嫌いなDQN系リア充リーマンが
15年間安ホテルみたいなところに監禁、 解放され復讐に狂う てな内容
意味深なストーリー展開ながら
パワーでねじ伏せられるような錯覚を覚えさせてくれる

295 :名前は誰も知らない:2012/06/26(火) 12:44:07.52 ID:6lhLTGZo0
ほほうw飯がウマくなりそうな映画だなw

296 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/06/30(土) 03:56:11.08 ID:LqtVKoXCP
「グッドウィルハンティング」だとか「小説家を見つけたら」とかは明らかに観客(鑑賞者)をなめてるよね
「ミルク」は単なる監督の***ー映画、語る価値なし

297 :名前は誰も知らない:2012/07/02(月) 22:30:01.62 ID:ai//NLSiO
ロザンナアークエットが好きな人いる?

298 :名前は誰も知らない:2012/07/03(火) 20:44:37.53 ID:zLe2czNd0
>>296
ブロークバックマウンテンはどう?

299 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/03(火) 22:10:00.73 ID:QurXxrWrP
観てないよ
なんかベッタベタな恋愛映画っぽくて食指が動かないんだよね

300 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2012/07/03(火) 22:57:05.60 ID:/PwSHEXBO
フィクサー良かったね。ジョージクルーニーが渋かった。

最後のカメラ長回しも良いね。あのやるせなさがいい

301 :名前は誰も知らない:2012/07/03(火) 23:20:56.22 ID:EH0jqKL/0
見て欲しいけどね。主人公はまさに孤男だし。ひねくれてる俺らの為みたいな映画だよ

302 :名前は誰も知らない:2012/07/05(木) 12:42:51.35 ID:GTTMWXGJO
好きな映画サスペンスもの 嫌いな映画 ラブストーリー

303 :名前は誰も知らない:2012/07/05(木) 20:07:28.26 ID:87RoJdnyO
セカンドバージンの女 見た。
ちょっと違ったかな?

単館の上映物初めて見たけど、やっぱチープ感は否めないな。

304 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/05(木) 20:11:08.15 ID:E+GLhlG5P
わざわざ地雷踏んでその程度の「貶し方」しか出来ないのは勿体無いなあ

305 :名前は誰も知らない:2012/07/06(金) 01:04:16.71 ID:1rxf5o2v0
鈴木京香?

306 :名前は誰も知らない:2012/07/06(金) 20:50:18.25 ID:61y250rz0
新作ツタヤで5枚1000円だから6枚借りてきた
ガイリッチーのホームズ新作
50/50
宇宙人ポール
アイアムナンバー4 スリーデイズ ツリーオブライフ
上3作はすごく期待している

307 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/06(金) 21:17:22.52 ID:MwZcd9H4P
「宇宙人ポール」って「ホットファズ」みたいな感じなんでしょ

308 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/06(金) 21:44:39.54 ID:MwZcd9H4P
「ホットファズ」とか「キルビル」とか
それなりに「巧く」作られてはいるんだろうけど全く評価する気にはならない


309 :名前は誰も知らない:2012/07/06(金) 23:25:14.26 ID:CAxgaT2a0
タランティーノは頭が悪そうだ
キルビルはバトロワ観て作ったんだろ?

310 :名前は誰も知らない:2012/07/06(金) 23:59:02.11 ID:YO1kGjGr0
50/50が面白い
俺みたいな弧男にはムリだけど、あんな友人がいたらな

311 :名前は誰も知らない:2012/07/07(土) 09:39:24.86 ID:S24C0oUt0
>>310
重い病気にならなくても必ず心の友になる犬が最強だな

312 :名前は誰も知らない:2012/07/08(日) 00:27:12.73 ID:HKI9i0AK0
50/50 3/5
ホームズSG 2/5
宇宙人ポール1/5

宇宙人は、ステレオタイプなオタクが反ステレオタイプな宇宙人と遊ぶだけのもの。クズ作品、ネタ尽きたか

313 :名前は誰も知らない:2012/07/17(火) 21:23:21.10 ID:F0utAhv7O
開始しました
よろしく

伝説の(アメリカ)映画スター
http://sentaku.org/topics/41751330

314 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/18(水) 18:15:42.56 ID:/pIUALhlP
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1342533626/

細田が「ポスト宮崎」ねぇ
自分からすれば宮崎も細田も単なる***ストに過ぎないわけだが
宮崎は「空間的想像力のある***スト」と言えるだろうが
細田は「空間的想像力の無い(足りない)***スト」なんだよな
まあ「オタク的記号を一般向けにカムフラージュする才能」という点では後継者と言えるのかもしれないが

315 :名前は誰も知らない:2012/07/18(水) 19:39:12.38 ID:7AqNhX110
宮崎アニメといえば
「耳をすませば」

孤男が見たら見事に死にたくなるぞ

316 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/18(水) 19:52:18.86 ID:/pIUALhlP
あんなので死にたくなるのって小学校以来部屋から出てないような引きこもりだけでしょ
もしくは「死にたくなったわ〜w」とかノリで騒いでる連中

317 :名前は誰も知らない:2012/07/18(水) 20:16:03.43 ID:wPki8In9O
木村真束出演作の「狂わせたいの」を見たい

318 :名前は誰も知らない:2012/07/18(水) 20:18:59.57 ID:BJIQYaTM0
『大学での講演(耳をすませばを引き合いに出しての話)』 押井守  1999年

「こういう例を出して適切かどうか分からないけど、『耳をすませば』に出てくるような健康的な一家を見て、果たしてアニメーションを必要としている今の若い子たちが勇気づけられることがあるんだろうか。

僕は、ないと思う。『耳をすませば』を見て生きる希望がわいてきたり勇気づけられる子は、もともとアニメーションなんか必要としないんだと。

アニメでも映画でも小説でも何でもいいけど、フィクションを人並み以上に求めている子たちには、ああいう形で理想や情熱を語られても、むしろプレッシャーにしか感じられないはずだ。僕はそういうものは作らない。

今回もそうだけど、僕が作っているものにあるのは、生きるということはどう考えたってつらいんだ。

多分、あなた方を取り巻く現実もこれからの人生も、きっとつらいものに違いない。いろんなものを失っていく過程なんだということ。

生きていれば何かを獲得すると若い人は漠然と思っているんだろうけど、実際は失っていく過程なんだよって。 」

319 :名前は誰も知らない:2012/07/18(水) 20:23:37.04 ID:updD4teL0
ジブリはあまり見ないようにしている
鬱とまではいかないけどマイナスの感情が沸くからな
青春ものはスポーツ系くらいしか

320 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/18(水) 20:36:40.63 ID:/pIUALhlP
>>318
「生きることは失う過程」ってのはその通りなんだろうけど
「耳すま」に対してはマイナスの感情すら起きないんだよね
ただただ嘘臭くて、陳腐

まあ映画なんてのは所詮幾ら「リアル」を描いたとしても
それはクリエイターの欲求から生まれた「ドラマ」としての「リアル」にしかならないんだけどね
それにしたって「世界のジブリ」がこの程度の「欲求」しか持ち得ていない、想起出来ないというのはね・・・

321 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/18(水) 20:38:09.37 ID:/pIUALhlP
「映像作品」を評する時に「ドラマチック」とか「リアル」とかって言葉を持ち出すのは
もう止めたほうがいい

322 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/18(水) 20:41:17.79 ID:/pIUALhlP
まあ「生きることは失う過程」って、本当にそうなのかなんて誰にも分からないわけだが
そういう人が多いんだろうなと主観的に思えてきてしまうのも確か

323 :名前は誰も知らない:2012/07/19(木) 00:14:58.74 ID:hMqD6IqI0
「耳をすませば」は単に退屈だった。
良さを分かりたくてそのあと3回観たけど分からなかった。

324 :名前は誰も知らない:2012/07/19(木) 01:14:24.91 ID:8Bm/VCq2O
スパイダーマンよかったな〜

325 :名前は誰も知らない:2012/07/19(木) 01:16:46.41 ID:8Bm/VCq2O
アメージングね

326 :名前は誰も知らない:2012/07/19(木) 01:59:05.70 ID:iXJC1GqTO
ヒミズ面白かった

327 :名前は誰も知らない:2012/07/19(木) 05:54:10.57 ID:8Bm/VCq2O
崖っぷちの♂

328 :名前は誰も知らない:2012/07/19(木) 17:47:13.74 ID:Pfd4ZXvJO
おおかみこどもとアウンサンスーチーの映画見たい


329 :名前は誰も知らない:2012/07/19(木) 18:52:31.35 ID:l6TvwPDOO
ダークナイト・ライジングとアベンジャーズとプロメテウス観る

330 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/19(木) 18:57:05.90 ID:iaNkv52yP
ダークナイト・ライジングとおおかみこどもとプロメテウス観る

どれもそれ程期待してはいないが

331 :名前は誰も知らない:2012/07/21(土) 01:35:07.72 ID:9LAd0DWyO
ニュースゼロでおおかみこどもの特集やってた
途中からしか見られなかった
あおいが出てたのに・・・
あおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおい・・・・・・

332 :名前は誰も知らない:2012/07/21(土) 17:40:24.30 ID:i6p4AOGr0
苦役列車観た人いるかな
山下監督はうだつのあがらない男を撮るのが上手くて好きなんだけど
今回の主役はこれまでと違ってアグレッシブなクズらしいから孤男的にちょっと不安だ

333 :名前は誰も知らない:2012/07/21(土) 23:28:52.73 ID:9LAd0DWyO
志村動物園見逃した・・・
あおいが出てたのに・・・
あおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおいあおい・・・・・・・・・・・

334 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/21(土) 23:32:54.28 ID:YI86ai1wP
日テレによる「第二のパヤオ」ステマ

335 :名前は誰も知らない:2012/07/21(土) 23:47:36.59 ID:oA98PjGFO
ミスティックリバーはなかなか良いな。人間がいかに利己的かをよく表している。こんなもんなんだよ、人間はな。

336 :名前は誰も知らない:2012/07/22(日) 00:23:45.92 ID:c3TGsUt7O
映画板で鬱な映画として「レクイエムフォードリーム」がよく挙げられるが
あんなのただのリア充の自業自得じゃねえかよ
もっと理不尽で不運な内容でないと到底納得できない

337 :名前は誰も知らない:2012/07/22(日) 01:09:21.40 ID:QraH9by/O
「死の王」観ろよ
完璧な欝映画。

338 :名前は誰も知らない:2012/07/22(日) 01:42:38.38 ID:c3TGsUt7O
死の王はもう観たぞ
ネクロマンティックもシュラムも観た

今ではニコニコ動画のせいでギャグ映画扱いされているが
LSDを何の予備知識もなく初めて観たら相当鬱になった

339 :名前は誰も知らない:2012/07/22(日) 01:47:00.41 ID:MCVWaLP90
わざわざ映画でまで鬱になりたくねーわ…

340 :名前は誰も知らない:2012/07/22(日) 01:58:12.31 ID:E5LjBwQQO
映画ではないけど、木枯し紋次郎のアウトローぶりは最高だ

『あっしにゃあ…かかわりねえこってぇ…… 』

341 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/22(日) 20:56:03.47 ID:YoDPFIVrP
映画観て「欝になったわー」とか言ってる人間って
「恋空」読んで泣いてた女子高生となんら変わらないから
その辺自覚しとけよ

342 :名前は誰も知らない:2012/07/22(日) 21:18:22.91 ID:a+vbNtIyO
おおかみこども〜スルー予定だったけど他でもない富野御大が珍しく大絶賛してるから観てみる

343 :名前は誰も知らない:2012/07/25(水) 03:10:30.45 ID:EmFfahse0
>>341
kwsk

344 :名前は誰も知らない:2012/07/25(水) 07:10:58.26 ID:DRS2ceCX0
メグ ライアンの出てる映画は観る気が起きない
嫌いとかではないんだが

345 :名前は誰も知らない:2012/07/25(水) 07:22:35.64 ID:aR/QoBr/O
うつにるというか観た日の晩に悪夢にうなされたエイリアンと消しゴム頭

346 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 07:01:00.75 ID:uze2XNFl0
「鉄男」は気持ち悪かった
あと「トランスフォーマー」のあのキメの細かいロボット達も気持ち悪い
まだゾンビ映画の方がマシ

347 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 07:07:12.03 ID:FBh7gtPQ0
おれ>>344だが、なぜかその後にテレビでメグライアンの映画が
2本も連続で放送されていてそのまま2本とも観てしまった・・・

昨日あんな事書き込んだばかりだから、気味悪くも不思議でオモロイ
しかしこういう妙なことってたまにあるわな

348 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 08:05:29.98 ID:Zq/wBZv0O
そういう役にたたないシンクロニシティー?てたまにあるよな
だからなんだよってやつ、奇跡の無駄遣いだ

349 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 08:50:40.27 ID:X94hMmXs0
既出かもしれないし、映画でもないが、『灰羽連盟』というアニメが好きだ。
イラストレーターの安倍吉俊という人の個性全開のフィルムのようだが、鬱
展開が孤男の心の琴線に触れるんだと思う。

350 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 09:08:02.22 ID:Zq/wBZv0O
年末あたりNHKのアニメ枠で流してほしいね
二期が映画化するといいんだが

351 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 10:28:08.65 ID:X94hMmXs0
>>350
あ、知ってる?最終回、俺は真夏の夜になっても三十度を下回らなかった日に
観たんだけど、ゾクゾクした。でも、やっぱり寒い冬に観るのがいいよな。
映画化はないし、やって欲しくない。絶対にコケると思うから。原作者も言っ
ているように、普通に深夜アニメで二期をやるのがいいと思う。
あと、NHKでクリスマスあたりに『シベールの日曜日』っていうモノクロの
仏映画を放映して欲しい。これも孤男の心の琴線に触れる映画だと思う。

352 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 12:34:31.40 ID:w2f0HxkS0
スコーピオンキングのヒロイン役の女優が素敵だった

353 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/26(木) 18:39:22.01 ID:IAeIrgAsP
>>343
映画がプロパガンダとして意識的にしろ無意識的にしろ機能し続けているということ

354 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/26(木) 18:45:31.53 ID:IAeIrgAsP
「動員装置」としての「表現」

355 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 18:46:47.39 ID:DSMAdgRl0
すっかり難癖つけに終始するようになったな

356 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 18:50:36.57 ID:DQ8bzs5nO
Mr.インクレティブルが意外と面白かった

357 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/07/26(木) 18:51:18.51 ID:IAeIrgAsP
最近映画観てないからかもね
次の割引デーには観に行くよ

358 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 20:19:38.63 ID:ZLauI5vR0
ザ・ミッション 非情の掟
ベタベタしてなくていいな

359 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 20:22:19.80 ID:34kBZCAE0
野鴨
皮肉がきいてて楽しかった

360 :名前は誰も知らない:2012/07/26(木) 20:23:19.54 ID:z9tz8zvEO
トータルリコールのリメイク作品が気になる
おっぱいが3つある女出てくるかな

361 :キアヌ リーブ21☆発毛力:2012/07/26(木) 20:26:57.92 ID:uN120zbO0
今夜はビール飲みながらハートブルー観る

362 :名前は誰も知らない:2012/07/27(金) 08:47:35.02 ID:aiz11EHp0
>>348
>奇跡の無駄遣いだ

なるほど 言えてる

363 :名前は誰も知らない:2012/07/27(金) 23:25:11.79 ID:qCM2ll030
耳をすませばより恋空のほうが好きだけど人には言えない…

364 :名前は誰も知らない:2012/07/28(土) 17:43:04.90 ID:PYPky9kV0
>>352
同意
オレも好き

365 :名前は誰も知らない:2012/07/28(土) 23:00:34.94 ID:+Mtu+tT00
今日からオリンピックということで沸きに沸いているイギリスの映画、
トレインスポッティングがすごい好きだ!(既出だったらごめんw)
イギリスのヘロイン中毒のDQN連中の話。
イギリス国内では当時(90年代中盤)の興行収入を塗り替えたり、日本やアメリカでも大ヒットを記録した映画。
個人的に、主人公たちの細身のパンツを中心に構成されているスタイリッシュなファッションがすごい好きだ。
あのファッションはアメリカじゃゲイ扱いだろうけどw
登場人物ではスパッドとトミーが好き。


366 :名前は誰も知らない:2012/07/28(土) 23:53:54.12 ID:tJXhUOpl0
ダニーボイルって***好きなの

367 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 01:15:35.38 ID:40S0WaEN0
>>360
ダークナイトライジング観にいったら、トータルリコールの予告映像あって
パイは映ってなかったけど、女が「手二つで足りるかしら」みたいな事言ってたよ。
映像観る限りは、おもしろそうだった。

本編のダークナイトの方は、いまいち。
変なマスクつけてマッチョな悪役がださいよー。

368 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 09:23:26.94 ID:EGEoSaVI0
>>366
トレスポで下痢便出すシーンあったな
あとスラムドックミリオネアでぼっとん便所に落ちて***まみれになってた

369 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 09:39:41.19 ID:lQwlv40A0
トレスポといえばポルノっていう続編つくる話はどうなったんだろう
この映画は同じ役者にやってもらわんと醒めるし、年齢的にもそろそろつくらんと

370 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 10:50:51.19 ID:D7IXJdv3O
おおかみこども見に行くのやめた
理由はタイトルが長すぎるから
券を買うのに「○時△分のおおかみこどもの雨と雪」と長台詞を言うのを苦痛に感じる
「カラフル」とか「サマーウォーズ」なら言いやすいんだけど
テレビで放送されるか、ビデオレンタルが旧作になるのを待つ

371 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 11:43:31.31 ID:EGEoSaVI0
券売機ないのかよ

372 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 13:15:36.53 ID:2tYzgJkvO
ネットで予約すればいいのにね(´・ω・`)

373 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 14:15:43.31 ID:u3/atc8j0
秒速5センチメートル好き
何度見ても切ない映画


374 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 14:39:50.61 ID:D7IXJdv3O
>>371
ないと思う
>>372
めんどい

375 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 17:57:07.60 ID:2tYzgJkvO
それじゃあおおかみこども≠セけでいいじゃん

いちいちフルネーム呼ばなくても劇場のスタッフは解るだろうし

376 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 19:25:23.15 ID:D7IXJdv3O
>>375
省略するのってチャラ男っぽくないか?
俺オジサンだしさ・・・

377 :名前は誰も知らない:2012/07/29(日) 21:45:29.09 ID:Yjc5HP4lO
冷たい熱帯魚観た。こんなにエログロだとは知らなかった。
メッセージ性は何も感じなかった。ただグロい事件をなぞっただけ。
ただ役者が上手いのに感心した。娘役が井上真央に似てる

378 :名前は誰も知らない:2012/07/30(月) 02:53:44.64 ID:hoQpp3ZWO
>>376
長いタイトルを省略することのどこがチャラ男なんだよ

生真面目かっ!

379 :名前は誰も知らない:2012/07/30(月) 02:59:39.36 ID:KpyJvK5HO
ファイトクラブのブラピみたくかっこよくないたい
頭でかいから無理か

380 :名前は誰も知らない:2012/07/31(火) 16:37:51.17 ID:/N7TDuNm0
今時めずらしく携帯クンがいるスレ
携帯で2ちゃんしてるとか、その化石さが孤男を象徴してて面白い

381 :名前は誰も知らない:2012/08/03(金) 03:23:26.80 ID:N2LdG2C+O
周辺とかなんとか、凄いな。もう、blogで勝手にやってろとしか言いようがない酷さ。バカ過ぎてついていけん。

382 :名前は誰も知らない:2012/08/03(金) 21:42:54.48 ID:7HQYYb0/O
ダークナイトライズ見てきた
警察が正義に戻ってシリーズで一番良かったけど
貧困層が可哀想だな

383 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/05(日) 17:18:14.46 ID:0p5pmQlfP
「怪獣映画は終わったのか?」という問題
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1335259108/

384 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/05(日) 17:18:59.60 ID:0p5pmQlfP
ちなみに自分は「終わった」と考える人間

385 :名前は誰も知らない:2012/08/05(日) 19:43:25.72 ID:Vh0q7dg40
ネタバレいうなカス

386 :名前は誰も知らない:2012/08/05(日) 21:10:44.48 ID:ANi/cqoC0
実話を元にした恐怖映画教えて

387 :名前は誰も知らない:2012/08/05(日) 21:12:23.41 ID:Mb4WpjD20
すけきよ

388 :名前は誰も知らない:2012/08/05(日) 21:16:07.74 ID:SkOCGjOEO
>>386
実話∞ホラー映画≠ナぐぐったらいろいろ出てきた

自分でぐぐってみ?

389 :名前は誰も知らない:2012/08/05(日) 21:38:58.05 ID:WqqFwsu30
「エミリー・ローズ」とか

390 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/05(日) 21:40:51.92 ID:0p5pmQlfP
「ビデオドローム」とか

391 :名前は誰も知らない:2012/08/05(日) 21:43:27.72 ID:Vh0q7dg40
最近見た映画ではトロンがよかった
美女をゲットしてハッピーエンドという展開が爽快でいい

392 :名前は誰も知らない:2012/08/05(日) 22:05:46.76 ID:ANi/cqoC0
>>389>>390 稲川淳二恐怖の現場のほうが怖そうだ


393 :名前は誰も知らない:2012/08/05(日) 23:13:44.05 ID:55MC8taz0
実話を元にしたホラーといえば『悪魔のいけにえ』があります

394 :名前は誰も知らない:2012/08/06(月) 01:15:44.66 ID:+LtMpUHLO
アベンジャーズ見たいなあ。アメコミヒロイン好きだから。


395 :名前は誰も知らない:2012/08/06(月) 17:02:07.32 ID:PUTHxRvP0
>>387
すけきよって今話題の呪い面のことかな

396 :名前は誰も知らない:2012/08/06(月) 17:05:46.83 ID:PUTHxRvP0
実話をもとにした恐怖映画は少ないけど
映画が実話化することってあるよな

397 :名前は誰も知らない:2012/08/11(土) 21:35:18.82 ID:P0CA7uRhO
ハートロッカー観た。映画とは思えないほど、入り込んでしまった。あと監督が女だとは思わなかった。
ただベタな戦争映画で安直過ぎて、これがアカデミー作品賞なのかと

398 :名前は誰も知らない:2012/08/12(日) 08:41:24.32 ID:5LET6k+JO
スクリームとラストサマー


みんなはどっちが好きかな?

399 :名前は誰も知らない:2012/08/14(火) 00:49:57.62 ID:EbU3/ITDO
プロメテウスみてきた

観ながら自分でいろいろ考察したり妄想できたりして面白かった

「エイリアン」好きな人おすすめ

400 :名前は誰も知らない:2012/08/15(水) 21:40:50.15 ID:OlFs+Kg5O
「アベンジャーズ」観てきた

単純な力押しの映画だけど面白かった

面白かった≠ニいうのは楽しめた≠ニいう意味と文字通り笑わせられた≠ニいう2つの意味で

とりあえずハルクサイコー

この作品を体現したようなキャラクターだね

あとエンドクレジットの後のサービスシーンも笑った

401 :名前は誰も知らない:2012/08/15(水) 22:23:59.63 ID:NCd+/sZZ0
社長好きだなー。ちゃらけてばっかなのにやるときはビシっと決めるのがいい。

402 :名前は誰も知らない:2012/08/16(木) 16:25:44.43 ID:RzHGh0U10
アメコミ系全般が嫌い
日本人が見る必要ないと思う

403 :名前は誰も知らない:2012/08/16(木) 20:03:50.86 ID:AZU0Amzy0
ソナチネが好きだー
でも武はHANA-BIで終わり

404 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/16(木) 20:08:30.24 ID:yUVD8JB9P
いや「HANA-BI」の時点でもう終わってるよ

405 :名前は誰も知らない:2012/08/16(木) 21:41:12.58 ID:p2/u1QnjO
小津安次郎って面白いか?

406 :名前は誰も知らない:2012/08/16(木) 23:28:41.02 ID:nAmrqPkpO
最近は映画も楽しめない。所詮は受動的な趣味だかはな。虚構でしかない。製作者の***ー垂れ流し。
史実でドキュメンタリーは唯一楽しめる

407 :名前は誰も知らない:2012/08/17(金) 05:46:38.27 ID:8ffqisDg0
苦役列車、超おすすめ。

408 :名前は誰も知らない:2012/08/17(金) 15:45:00.87 ID:7bleBPLU0
武だったらあの夏いちばん静かな海がベストかな。
>>405
面白いよ。あのテンポに引き込まれるし、笑っちゃうシーンも多々ある。

409 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/17(金) 20:54:57.46 ID:pm5bgERXP
>>406
フィクションにはフィクションの、ノンフィクションにはノンフィクションの良さがある
ということも出来るし、
「虚構」と「現実」を峻別することはできないとも言える

410 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/17(金) 21:01:52.67 ID:pm5bgERXP
映画批評で「どうせ映画なんて荒唐無稽なんだからごちゃごちゃ言っても仕方ない」って
それを言っちゃおしまいでしょう
自分自身が何を「荒唐無稽」と感じ何を「自然」と感じるのか
そこに言及しなくてどうする

411 :名前は誰も知らない:2012/08/17(金) 21:02:38.73 ID:4BtvpX4d0
今、GYAOで配信されてる「ハモンハモン」っていう映画おすすめ
若き日のペネロペクルスのおっぱいが映る
周辺人はむっつりすけべだから見といた方がいいよ

412 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/17(金) 21:13:42.27 ID:pm5bgERXP
前見たけど全然面白くなかった
オッサンオバサン向け雑誌の三面記事と大差ない

413 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/17(金) 21:20:37.67 ID:pm5bgERXP
閉じたコミュニティの内部での人間関係のみが描かれた作品を観て楽しむ
という感受性は自分にはない様だ

414 :名前は誰も知らない:2012/08/17(金) 22:06:28.02 ID:aV2LZ+95O
スクリーン上でしかないから簡単に言えばアニメ、ドラマと変わらないよ、本質的にはね。

415 :名前は誰も知らない:2012/08/17(金) 22:21:22.33 ID:1EsCZlMD0
俳優は現実でも女優にキスしているし
スタントマンは事故に遭っている

416 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/17(金) 22:23:31.16 ID:pm5bgERXP
>>414
そうだね

417 :名前は誰も知らない:2012/08/17(金) 22:29:45.09 ID:eKyiJOIM0
マーリーとおバカな犬って映画面白いよ
幸せな人生が何か解った気になれる

418 :名前は誰も知らない:2012/08/18(土) 08:15:43.99 ID:hdyP2oos0
>>412>>413
うるせぇな
おっぱい映ればそれでいいじゃん

419 :名前は誰も知らない:2012/08/18(土) 08:36:39.96 ID:hdyP2oos0
>>417
幸せなんてまやかしさ


420 :名前は誰も知らない:2012/08/18(土) 15:01:56.29 ID:62lNPMy/0
メランコリアのキルスティンのオッパイが不評
俺は好きなんだけど

421 :名前は誰も知らない:2012/08/18(土) 18:38:03.39 ID:O6yoVPJh0
127時間レンタルで
久しぶりに直観的や現実的な生きるってことについて考えた気がする
今までは、小難しい問題について考える映画ばっかりだったから
だから自分にはすごくよかった。ちょっとフォーン・ブースを思い出した

422 :名前は誰も知らない:2012/08/19(日) 19:45:45.97 ID:Ik0UIUnU0
最近人生経験の乏しさを補うべく映画を見ようなんて思い始めたんだけど
おまいさんがたは月に何本くらい見てるのかのう?家、劇場問わず。

423 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/19(日) 20:26:42.37 ID:j1cy+vhDP
>>422
そんなことをしても君の人生は映画のようにドラマチックにはならないよ

424 :名前は誰も知らない:2012/08/19(日) 20:34:30.58 ID:Ik0UIUnU0
>>423
忠告ありがとう。
でもそれは俺の問いかけに対する答えになっているんだろうか。

425 :名前は誰も知らない:2012/08/19(日) 20:44:06.66 ID:E6Nsz9ahO
2:流刑囚◆DxgwL./BZw :2012/05/05(土) 23:28:58.27 ID:jt5VQSxDP
昔からよく池沼に間違えられる
知能検査受けたこともあるよ

426 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/08/19(日) 20:54:15.15 ID:j1cy+vhDP
こわーい鬼の首が取れてよかったね

427 :名前は誰も知らない:2012/08/19(日) 21:05:02.85 ID:Rk6RD6ME0
>>422
近所のビデオ屋の棚にあるセクシー映画ならほとんど観たよ
お蔭様でブスとしか付き合ったことのないキョロ充よりは性的に充実しておる(キリッ)

428 :名前は誰も知らない:2012/08/19(日) 22:34:33.23 ID:Wlvj8x0oO
充実してるかどうかなんて自分にしかわからんのだから他人と比較なんて出来んだろうて

429 :名前は誰も知らない:2012/08/19(日) 22:42:53.58 ID:ztsXQPCQ0
セクシー映画ってなんだ

430 :名前は誰も知らない:2012/08/19(日) 22:45:19.62 ID:E6Nsz9ahO
パゾリーニのソドムの市みたいな映画かな

431 :名前は誰も知らない:2012/08/20(月) 01:02:29.96 ID:2SxiK7NA0
昔、「モニカ・ベルッチの***なだけじゃダメかしら」という映画を借りようとしたが恥ずかしくなりやめた。

432 :名前は誰も知らない:2012/08/28(火) 18:17:01.50 ID:wnIPo0Xr0
スティーブ マーチンの「ロンリーガイ」。
今見ても笑える。

433 :名前は誰も知らない:2012/09/01(土) 20:50:54.82 ID:XG30c48Q0
おおかみこどもみてきた
不感症の人間にとって人生は楽しいんだろうなと思った
まだもののけ姫のほうが説得力あるわ

434 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/04(火) 00:26:32.04 ID:sFellcd2P
「本当の世界を描くために映画を創る」と言うけれど
その「本当の世界」というのは一体何処のこと何でしょうかねえ

435 :名前は誰も知らない:2012/09/07(金) 21:38:39.70 ID:JqFY2Opg0
アウトレイジ良かった。椎名桔平かっこよすぎ。
俳優が豪華でみんな良かった。花火より全然良かった

436 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/07(金) 21:46:40.47 ID:oTajWuV/P
アウトレイジの椎名桔平ってどこがかっこいいのか全然理解できない
映像的にも「その男〜」に劣る

437 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/07(金) 21:47:52.84 ID:oTajWuV/P
おすぎの言ってた「有名俳優のやくざごっこ」ってのが一番的確な表現だと思う

438 :435:2012/09/07(金) 21:59:41.49 ID:2JUF/xiYO
臭いセリフが無くて、人が死にまくりなのに全然感じない。爽快な切れ味。一気に観れた

439 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/07(金) 22:03:49.07 ID:oTajWuV/P
北野の映画ってみんなそんな感じだから
過去作の下位互換

440 :名前は誰も知らない:2012/09/07(金) 22:36:45.20 ID:fjo3qKEB0
ムカついてる時3-4観るとスカっとする

441 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/07(金) 23:16:18.21 ID:oTajWuV/P
>>440
それが北野の最高傑作

442 :名前は誰も知らない:2012/09/07(金) 23:37:03.26 ID:ihd+5qov0
久石譲の音楽が苦手

443 :名前は誰も知らない:2012/09/08(土) 00:07:06.19 ID:1yguvRqMO
細野春臣さんが好き

444 :名前は誰も知らない:2012/09/08(土) 00:13:21.86 ID:31A8DYfS0
「裸のランチ」って映画について、誰か語ってくれ。
いかんせん俺には何も解らなかったんだ。

445 :名前は誰も知らない:2012/09/08(土) 21:01:54.18 ID:NyMAkPYJO
アウトレイジは何回も借りて観た
作品にテーマを求める人には理解が得難いんだろう

446 :名前は誰も知らない:2012/09/08(土) 23:08:38.97 ID:y0FmBQ5N0
鍵泥棒のメソッドを楽しみにしてる方いらっしゃいます?
内田けんじ作品は個人的に好きなんでね
運命じゃない人が一番好きでしたが

447 :名前は誰も知らない:2012/09/08(土) 23:10:20.98 ID:V6EHZHuk0
本当に面白い映画はコレだ!「超映画批評」で95点以上の23作品
http://matome.naver.jp/odai/2134711080684243401

448 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/09(日) 01:20:58.10 ID:5MdCoMMaP
>>445
そもそも「テーマ」のない映画など無いし
映画を見ることにおいて「テーマ」と「それ以外」を隔てることなど不可能なわけだけれども
そうしたことを一先ず置いたとしてあの作品のどこがそこまで見るべきものだと思うの?

449 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 02:02:22.41 ID:5EhqybcWO
ぶっ***ぞバカヤロー

450 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 02:28:22.17 ID:3T6y1cQNO
恋の罪はまぁまぁ良かったね。個人的に園子温の中では冷たい熱帯魚が良いね

451 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 02:58:32.77 ID:gHBhTKvk0
邦画史上最も泣ける映画はなんだとおもう?

452 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 03:02:40.75 ID:xNc9K2BsO
園子温は冷たい熱帯魚や紀子の食卓など、たしかに見てる最中は面白いな〜って思うんだけど、
どうしても安直さだったり幼稚さだったりが目についてしまうんで興ざめしちゃう。

最近みた映画では、しあわせな孤独っていう映画が良かったな〜。四人の男女の恋愛の始まりと終わりそしてその後、が自然に描かれていて

453 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 07:38:57.51 ID:wlfll6f90
冷たい熱帯魚は無いわ。ぐろいだけ。
主役の変貌もいまいち着いてけなかった。

454 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 14:03:39.37 ID:DbTpy5enO
おれは教授が好きだな。

455 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/09(日) 19:02:51.57 ID:5MdCoMMaP
>>452
そうそう
どうしてもパッチワーク的なところが目についてしまうよね

456 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 21:15:12.35 ID:pdnCtbu/0
気球クラブとかいうのみたけど超ツマランかった

457 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 22:09:51.10 ID:A6u+CQICO
>>448
すみませんでした
もう観ません

458 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/09(日) 22:32:01.96 ID:5MdCoMMaP
いや好きなように観てもらえればいいんだけど
テーマのない映画などないし、テーマとそれ以外の部分を切り離すこともできない
ということを理解して欲しい
テーマ無き映画なんてのはそれこそランダムな映像の羅列に過ぎないわけで
もしあなたが映画をそういうものだとして観ているのだとするならば
それはあなたが目の前の現実や常識に鈍感になっているということ

459 :名前は誰も知らない:2012/09/09(日) 23:50:23.46 ID:A6u+CQICO
すみません
もう映画観ません

460 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/09(日) 23:55:10.68 ID:5MdCoMMaP
観る観ないはあなたの自由だけど
拙速な極論で自分の行動を制約する必要はないのでは

461 :名前は誰も知らない:2012/09/10(月) 04:59:27.18 ID:G53rNfwbO
お前ら的に「のぼうの城」ってどうよ
お前ら的に野村萬斎ってどうよ

462 :名前は誰も知らない:2012/09/10(月) 05:07:11.65 ID:t173h3Qq0
否定されると途端に弱気なっちゃうのは孤男らしいなw

463 :名前は誰も知らない:2012/09/10(月) 06:56:16.78 ID:nDOCHki30
キム・ギドクが金獅子賞とったらしいけど「悪い男」大嫌いだわ

464 :名前は誰も知らない:2012/09/10(月) 07:08:50.08 ID:t173h3Qq0
春夏秋冬はよかったぞ

465 :名前は誰も知らない:2012/09/10(月) 07:49:57.85 ID:4NpRIohkO
いやしかしアウトレイジは良いね
椎名桔平の演技が爽快
DVD注文しちゃったよ

466 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/10(月) 08:03:07.50 ID:I97QjpE+P
しかし北野といいフィンチャーといいクローネンバーグといい黒沢といい
独創的な作家が総じて保守化してしまうというところにこの業界の未来のなさが表れているな

467 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/10(月) 08:21:40.85 ID:I97QjpE+P
キムギドクは「サマリア」がいい
「コーストガード」ってのが観てみたい

468 :名前は誰も知らない:2012/09/10(月) 23:08:39.85 ID:+7QtUTYe0
孤男の大好きな映画
孤男の大嫌いな映画
をひとつ教えてくれまいか
いろいろと評論するのはいいのだけれど孤独な自分を省みるとどうなんだろ

469 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/10(月) 23:35:26.66 ID:I97QjpE+P
好き 「カリスマ」
嫌い 「ゴジラモスラキングギドラ 大怪獣総攻撃」

470 :名前は誰も知らない:2012/09/10(月) 23:46:42.39 ID:OWvVDMl5O
邦画で恋愛映画だけど「虹の女神」は映像も綺麗だし内容も良いよ。

471 :名前は誰も知らない:2012/09/11(火) 10:04:03.62 ID:hiSudYjc0
好き 自転車泥棒
嫌い 勝手にしやがれ

472 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 19:22:05.96 ID:K5Thv3BOP
「自転車泥棒」も「勝手にしやがれ」も
一つの「時代」を切り拓いた作品であるだけに「時代遅れ」になってしまった
現代ではもう通用しない

473 :名前は誰も知らない:2012/09/11(火) 19:25:01.45 ID:h2/qqVKiO
好き エクソシスト
嫌い 僕と駐在さんのなんとか(佐々木蔵之介が出てたやつ)

474 :名前は誰も知らない:2012/09/11(火) 20:40:24.89 ID:VLELOJAwO
勝手にしやがれが現代では通用しないってどういうことだ?
あのスピード感やセンスは現代でも古臭くないし、むしろ独創的なのだが。

自転車泥棒は古典。

475 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 20:51:21.92 ID:K5Thv3BOP
そんなものもう手垢まみれになるほど模倣されまくってるよ

476 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 20:59:15.17 ID:K5Thv3BOP
第二次大戦後、あらゆる抑圧から「解放」されたパリの街
女たちは飛び立ち、男たちはその空疎さ故に漂泊する

477 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 21:02:38.78 ID:K5Thv3BOP
「抑圧」と「解放」
「飛翔」と「漂泊」
「セット」と「ロケ」
「娯楽性」と「作家性」

そういうものの「差異」を意識的に対比させて描くことが革新的だった時代があったということ

478 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 21:06:30.40 ID:K5Thv3BOP
「エヴァ」(これももはや出涸らしだが)なんてのは
「勝手にしやがれ」や「気狂いピエロ」のまさに息子や孫の話なんだろうね

479 :名前は誰も知らない:2012/09/11(火) 22:21:34.41 ID:VLELOJAwO
フレームだけで映画を語ってどうする。それならば全ての映画が手垢まみれということになる。

480 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 22:27:43.94 ID:K5Thv3BOP
映画のフレームは映し出されたものを見ることでしか認識できない

481 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 22:33:18.24 ID:K5Thv3BOP
「見えたもの(認識したもの)の総体」を「フレーム」として自己解釈する場合があるということ
ただそれだけ

482 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 22:38:01.13 ID:K5Thv3BOP
>>479
手垢をいくら塗りたくっても足らない作家もいるんですよ
キューブリックとか

483 :名前は誰も知らない:2012/09/11(火) 22:38:57.19 ID:CpAN7jYo0
なんで一レスにまとめないの

484 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/11(火) 22:40:15.92 ID:K5Thv3BOP
書きたいことが連鎖的に浮かんでくるんだよ

485 :名前は誰も知らない:2012/09/12(水) 22:26:05.64 ID:3OxpD/Ve0
今年に限ると
好き 「メランコリア」
嫌い 「アーティスト」

486 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/12(水) 22:34:44.17 ID:FCWJYVfkP
「メランコリア」はダメだわ
作り手の自己充足でしかない

487 :名前は誰も知らない:2012/09/13(木) 00:15:27.85 ID:G+7Vc0bQ0
その自己充足に賛同
アーティストは醜悪

488 :名前は誰も知らない:2012/09/13(木) 02:27:51.76 ID:4Z4Ka6utO
トリアーならドッグヴィルが良かったな。話の内容は古典的といえば古典的だけど、一つの村を形成していく過程にわくわくした
あとニコールキッドマンはやっぱり良い女優。彼女のベストはアイズワイドシャットだと思ってるけどね

489 :名前は誰も知らない:2012/09/13(木) 09:15:55.10 ID:G+7Vc0bQ0
ドックビルか、こんど観てみるよ
ダンサーインザダークはよかったけど、アンチクライストはエログロでダメだった

490 :名前は誰も知らない:2012/09/17(月) 21:50:50.16 ID:ECzp/oRvO
『シティ・オブ・エンジェル』て飛び降り自殺推奨映画だったのかw


491 :名前は誰も知らない:2012/09/17(月) 23:33:56.48 ID:Uh6s5IAK0
久々にマッドマックス2見た
やっぱマックスの孤男っぷりがカッコよすぎる

492 :名前は誰も知らない:2012/09/22(土) 09:39:21.15 ID:qltwJlGv0
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00867/v00292/

なかなか良かった

493 :名前は誰も知らない:2012/09/22(土) 20:14:13.64 ID:XASQrHMq0
岩井俊二の発言が話題になってるらしいけど、あの人の映画ってどう?

494 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/09/23(日) 02:45:08.55 ID:Z35zPE5OP
「打ち上げ花火〜」ってのを途中10分くらいまで見たけど興味が持てなかった

495 :名前は誰も知らない:2012/09/23(日) 02:50:57.88 ID:/zXh20XwO
リリイシュシュはひどかった。ダラダラ長いし、同じ様なシーンの繰り返し。
本格派な雰囲気だけの人だと思った。

496 :名前は誰も知らない:2012/09/23(日) 04:21:07.24 ID:gayYHxdN0
なるほど

497 :名前は誰も知らない:2012/09/26(水) 15:09:31.35 ID:It9ZmQpx0
孤男的にイントゥザワイルドってどうなの?

498 :名前は誰も知らない:2012/10/06(土) 09:23:23.95 ID:ApfxmtlsO
中2でリリィシュシュ見たけど中々衝撃的だったなぁ
今見るとどうだろうか…

499 :名前は誰も知らない:2012/10/06(土) 10:01:32.46 ID:phHMOrsL0
>>495
確かに雰囲気だけかもしれんが、その雰囲気がいいかも
村上春樹みたいなもんか

レオンみたいに、孤男のオレに超絶美少女が惚れてくれないだろうか
孤高の人***になるしかないのか
とりあえず、丸メガネを購入
レオンというより嘉門・・インチキ中国人みたいになった

500 :名前は誰も知らない:2012/10/06(土) 11:56:13.19 ID:1mLmb0Hl0
昨日ボーンレガシー見てきたよ

501 :名前は誰も知らない:2012/10/06(土) 19:11:09.18 ID:0Ezuzfj/0
最近はリリィシュシュのステマが流行ってんだな

502 :名前は誰も知らない:2012/10/06(土) 21:04:04.29 ID:GMqzWpsG0
この前BSで観た十二人の怒れる男がよかった

503 :名前は誰も知らない:2012/10/07(日) 14:08:14.93 ID:iOUglV2nO
セクシー美女が出てくるエロチック映画でおすすめ教えてください
ワイルドシングスの系統でお願いします

504 :名前は誰も知らない:2012/10/07(日) 19:08:24.69 ID:4WqyLgs50
今日はベルリンとオーシャンズ観た
ジョージクルーニーはいい役者だ

505 :名前は誰も知らない:2012/10/07(日) 22:20:52.89 ID:UUKRK+iZ0
ジョージ・クルーニーは今年のファミリー・ツリーもよかった

506 :名前は誰も知らない:2012/10/07(日) 23:53:32.80 ID:6y2neCqz0
>>502
おまい気が合うなw
ショーシャンクの空に
スミス都へ行く
鉄道員
もお勧め

507 :名前は誰も知らない:2012/10/08(月) 21:15:24.46 ID:9ngCFhjN0
>>506
鉄道員もたしかBSで観たけど、あれもよかったなあ

508 :名前は誰も知らない:2012/10/08(月) 22:51:19.02 ID:kF0lCHgEO
お前ら、

ミスティックリバー
アトランティスのこころ
21g
スイミングプール

を見ろ!

509 :名前は誰も知らない:2012/10/09(火) 02:51:10.63 ID:NV8gmAYoO
ミスティックリバーは観た

すごいやるせない映画だけど酒煽りながら観ると面白いんだなこれが。

510 :名前は誰も知らない:2012/10/16(火) 19:29:36.78 ID:OxidlYgeO
よし、今宵は久しぶりにミスティックリバーを見よう
プリン食べながら

511 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 00:35:56.28 ID:A/jEfqD20
最近、周辺人元気ないね

512 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/10/20(土) 01:44:50.30 ID:FDYb3EpvP
見たい映画がない

513 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 02:27:35.39 ID:y9jjy29D0
プロメテウスはどうだ
リドリースコットとHGギーガーのコンビはすごい画になるな

514 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/10/20(土) 02:58:43.17 ID:FDYb3EpvP
もう上映終わっちゃったね

515 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 03:22:30.59 ID:MXjBUowAO
俺なんてほとんど何のこだわりもなく気になった映画は片っ端から観るから毎月一本は観たい映画があるわ

516 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 20:49:53.63 ID:DthAx+c40
よし俺は対抗してフローズンリバーを観よう

517 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 21:19:28.70 ID:NkC5i2taO
>>516
これまた…

ラストはちょっとホッとするけどそれまでが辛い。
映像から冬の寒さの厳しさが伝わってくる…

518 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 21:21:12.41 ID:4VjvrZW/O
ウチTV映んねえから中古屋で100円で買ってきた映画のビデオばっか見てるけど、昔の映画はどれも面白いぞ。
最近のは映画じゃなくて映像作品だよな。ああこのシーンを見せたかったんだなってのがすぐにわかる。
たかがCGでそんなドヤ顔されてもねえ…。


519 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 21:24:12.17 ID:y9jjy29D0
どや

520 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 21:28:40.87 ID:y9jjy29D0
(´?????)どや

521 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 21:48:39.91 ID:qhklInEYO
好き モスラ対ゴジラ ゴジラvsビオランテ ガメラ2レギオン襲来

嫌い GMK FW

522 :名前は誰も知らない:2012/10/20(土) 23:20:15.49 ID:k6Kz5d/OO
>>518
わかる
この前CSで観た兵隊やくざがとても面白かった

523 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 13:18:06.80 ID:zG+M8loU0
恋する惑星好き
カメラがよっかた

524 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/10/21(日) 15:44:41.37 ID:ltxG8C3CP
>>518
すっげー馬鹿

525 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/10/21(日) 15:45:56.34 ID:ltxG8C3CP
「最近の映画」を批判するのは大いに結構だけれども
それをするならばまず「最近の映画」観てみましょうね

526 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 16:35:33.87 ID:B0ggKHwzO
映像は重要だろ
話の筋追うだけなら小説でもいい

527 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/10/21(日) 16:46:21.48 ID:ltxG8C3CP
以前から自分は「映像表現」について「色彩と光の芸術」と表現してるよね(今現在はそれに「構図」を付け足したい)
蓮實重彦(一派)は「光の僥倖」とか言ってるらしいけど
スタンリーキューブリックが何故映像表現において特筆されうべき作家であるのかというと
それは彼が「色彩と光と構図」によって「システム」や「世界の法則」を徹底してリアルかつマクロかつアレゴリカルに物語ったからなんだよね

528 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 17:05:27.85 ID:6pry03AEO
あっそ

529 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 18:48:51.51 ID:xTcP6tJw0
パッケージだけ見るとアーンイヤーンマンが面白かった

530 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 18:51:08.37 ID:dgChfaOy0
>>518が最近の映画も昔の映画も大して観てないのがわかる

531 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 18:51:14.32 ID:+eakL41zO
昨日TSUTAYAに行ったのにポワゾン借りてくるの忘れた

532 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 18:59:02.42 ID:yqmaf22y0
映画は粗筋が一番大事だって小津だか誰かあの辺が言ってたから俺はそれを指示するわ

533 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 19:00:58.11 ID:xfiACzkS0
昨日はフローズンリバー観たから
今日はカサブランカを観て一緒にラ・マルセイエーズを歌うお!!!

534 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 19:11:16.77 ID:/l/DT33l0
メガマックス、面白かった。

535 :名前は誰も知らない:2012/10/21(日) 19:31:24.50 ID:AvSpmml50
八つ墓村(渥美清の)観た。

536 :名前は誰も知らない:2012/10/24(水) 23:55:00.97 ID:x1DUDXdJ0
希望の国見てきた。
とても心揺さぶられたんだけど、どうしても一つ。
この類いの家族・恋人との愛があれば大丈夫っていう作品書く人に
是非、家族も恋人も友達もいない人たちがどう生きるのかというのも作ってほしい。

537 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/10/25(木) 00:14:44.38 ID:jnZgfALJP
家族も恋人も友達もいない人たちはそういう他者を思い遣る必要も無い訳で
そういう意味では楽なもんだろ

538 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/10/28(日) 17:43:10.22 ID:rJ5fqWTrP
http://eiga.com/news/20121026/20/

「映画」のことしか解らない映画監督は必要とされない時代が来ている
ということ

539 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/10/28(日) 17:51:56.29 ID:rJ5fqWTrP
これからは「専業」の映画監督ってのはいなくなるんじゃないですかね

540 :名前は誰も知らない:2012/10/28(日) 22:59:11.30 ID:mFiSp7U0Q
小林昭二氏が吹き替えたジョンウェンの映画はどれもいいな。知り合いから借りた「勇気ある追跡」は素晴らしかった。

541 :名前は誰も知らない:2012/10/29(月) 22:33:38.42 ID:QXTyd8jYO
『フルーク』っていう犬が主人公の映画、ある意味オススメw
1995年作品なんだけど、当時日本国内は未公開だったらしい。
動物モノにしては脚本がちょっと斬新だったわw
簡単に言うと「結局オマエが全部悪いんじゃねーか!w」って感じw


542 :名前は誰も知らない:2012/10/31(水) 04:13:26.24 ID:u/UICnZn0
Youtubeに戦前の映画がいっぱいあるから最近毎日見てるわ

543 :名前は誰も知らない:2012/10/31(水) 23:36:34.29 ID:t9JiB5bs0
ベンアフレックのアルゴ面白かった。


544 :名前は誰も知らない:2012/11/01(木) 00:08:11.30 ID:BKCNBRmG0
キャリー観た。
パッケージ怖くて躊躇ってたけど面白いやん!
そして切なすぎ。おじさん泣きそうになったよ。
ドレス姿のキャリーかわいいやん!
あんなかわいい子をいじめるなんてどうかしてるぜ!!

545 :名前は誰も知らない:2012/11/01(木) 00:13:27.91 ID:t8JE+Zbg0
スティーブンキングの映画にはハズレがないような気がする。

546 :名前は誰も知らない:2012/11/01(木) 01:34:28.47 ID:brYVhqUH0
キャリー役の人は終始爆笑しているような真逆の性格だった気がする
キックアスのヒットガールでリメイクされるね

547 :名前は誰も知らない:2012/11/01(木) 01:56:19.26 ID:YdlWQ1CXO
>>546
クロエモレッツか。
タクシードライバーのアイリス役もやるみたいだけどいつ公開なんだろね
キャリーもメイキング見てちょっと救われた… まあキャストみんな歳くってたけどw

548 :名前は誰も知らない:2012/11/01(木) 08:32:48.07 ID:FZNz3QsiO
『それでも僕はやってない』をみた。
俺も公務員の怠慢で、理不尽な目にあったから、他人とは思えなかった。
よくよく考えたら痴漢犯罪って、冤罪じゃ無かったとしても、立派な男女差別だと思う。

549 :名前は誰も知らない:2012/11/01(木) 22:33:18.08 ID:S1g0VYuSO
>>548
最近のなりすまし脅迫事件の冤罪取り調べと似てるよな

以前のバイト先に、わざと痴漢に狙われるような格好して、痴漢が触ってきたら痴漢の手をアイスピックで刺したり剃刀で斬ったりするのが趣味の男の娘がいたわ


550 :名前は誰も知らない:2012/11/01(木) 22:43:56.91 ID:0oR4mSw4O
マグノリア
意味不明つまらなさすぎ
いつ面白くなるのかと思って我慢して観たけど、つまらんまま終わった
時間を返せ

551 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/11/01(木) 23:15:55.06 ID:deT3D8+yP
まあそこまですごい作品という程ではないわな
「マグノリア」
「デウス・エクス・マキナ」をそのまんま、何の捻りもなくやってみたというだけで

552 :名前は誰も知らない:2012/11/02(金) 07:10:09.79 ID:+DsYZVBcO
>>549
ハエを捕食する食虫植物みたいな男の娘だな。

まぁ痴漢なんて車内で人に背を向けなければされないけどね。

553 :名前は誰も知らない:2012/11/03(土) 08:48:15.18 ID:qxwDvx9pO
『ノーカントリー』見た。
途中までは面白かったが、最後は意味不明だった。
見る人が観ると、アメリカを表現してる映画だとか。
俺には分からなかった。

554 :名前は誰も知らない:2012/11/03(土) 16:33:18.10 ID:8/R1Dx7fO
好きな映画→スケアクロウ、真夜中のカーボーイ、日の名残り、フルメタルジャケット、エレファントマン、ゴッドファーザー

嫌いな映画→ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダークは鬱映画ってより胸くそ悪くなる映画だった

555 :名前は誰も知らない:2012/11/03(土) 20:33:28.03 ID:ElrNRnZj0
帝都物語みたくてTSUTAYA行ったけど置いてなかった。残念。

556 :名前は誰も知らない:2012/11/03(土) 20:57:32.53 ID:QK+wxJj4O
映画とか小説は、専門家がよくわからん解釈してるのは、よく思い付くなとは思うけど、たまに理解出来んし不必要なものが多いと思う。

ノーカントリーはその不条理さとあの男の強烈なキャラクターが最高な映画。それで良い

557 :名前は誰も知らない:2012/11/03(土) 21:21:21.87 ID:qxwDvx9pO
>>556
あの男は凄かったけど、
凄かった故に肩すかしを喰らったよ。

あの映画のテーマは、
「何者も大きな流れには逆らうことができない」ってことだと思った。

558 :名前は誰も知らない:2012/11/03(土) 22:48:50.68 ID:ElrNRnZj0
なんか帝都物語ユーチューブでフルに観れるしwwwラッキーw

559 :名前は誰も知らない:2012/11/04(日) 09:10:30.06 ID:I3x1XqLhO
ゲイリーオールドマンになりたい

560 :名前は誰も知らない:2012/11/04(日) 17:21:59.53 ID:fKFSY0ZHO
>>552
たぶん本人は悪気ゼロでチャールズ・ブロンソンのデスウィッシュに近いビジランティ(自警団)思想なんだろうね。
思想自体は正しいが、一歩間違うとワザと一発だけ殴らせれば正当防衛で***を楽しめる、ぐらいの発想に至っちゃう奴。

561 :名前は誰も知らない:2012/11/04(日) 17:51:39.11 ID:rkai73cu0
自演か

562 :名前は誰も知らない:2012/11/04(日) 20:58:21.86 ID:kWfwXZWpO
>>560
争いの縮図だね。

正義をストレス解消の道具にするのは良くないと思う。
悪を人工的につくるのと同じだからね。

563 :名前は誰も知らない:2012/11/07(水) 23:17:08.25 ID:ENi5BSq/O
「ガタカ」

Blu-ray持ってるので5回目ぐらいの鑑賞。こんな切ないSFないよ他に

名作はいつ観ても面白い

564 :名前は誰も知らない:2012/11/08(木) 22:51:46.58 ID:9HLuHa5O0
ガタカは低予算SFだが面白いぜ

565 :名前は誰も知らない:2012/11/09(金) 23:29:47.68 ID:pf4KkKBMO
ゲバラの2部作観たのだが、
前もってある程度知識を蓄えてから観た方が楽しめたのかも知れん。

566 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 01:01:21.19 ID:iq3Iy9Ut0
サニーと桐島部活辞めるってよ
見てきた。
俺に欠けているものばかりでむなしくなる。

567 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 01:47:55.07 ID:Z70zCE3l0
ウォールストリート面白かったけどな。

面白くない映画も真剣に見ればおもしろくなるときもある。

568 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 04:14:00.05 ID:1Jkoun790
大嫌いな映画な映画は邦画全般かな・・・

569 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 05:23:47.21 ID:bWvVjb74O
あっそ

570 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 06:41:06.84 ID:MUKPIJJvO
【『アドレナリン』】

弧男に勧めたい映画。

生きるために必要な全てが詰まってる。

この世に生まれたからには、人生を全力疾走したいよね。

571 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 10:23:44.66 ID:bWvVjb74O
あー、「ドーパミン」っていう******映画と勘違いしていた。

572 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 11:16:02.83 ID:5iuardSX0
レナードの朝

基本的に欝映画のほうが好きかな
ハッピーエンドのほうが見終わった後に欝になる

573 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 14:36:35.73 ID:CGowHs0jO
デ・ニーロ主演ならワンスアポンアタイムインアメリカがオススメ

574 :名前は誰も知らない:2012/11/10(土) 17:17:33.01 ID:BPHIISH80
>>570
そういう大雑把で適当な推薦文はもううんざりだよ

575 :名前は誰も知らない:2012/11/11(日) 00:14:27.11 ID:kyofFXId0
なんか大好き、大嫌いって、おおげさだな
好き、嫌いとかにした方がいいんじゃねーかな

576 :名前は誰も知らない:2012/11/11(日) 00:44:54.76 ID:kyofFXId0
>>556
ノーカントリーのハビエル・バルデムの怪演に惹かれた人は
「宮廷画家ゴヤは見た」がオススメ
バビエルの演技は勿論、ナタリー・ポートマンの演技もやばい

重厚で暗い作品だし後味の悪い作品だけど、
映像が綺麗でリアリズムがあって脚本もよく練られてる。

577 :名前は誰も知らない:2012/11/11(日) 21:15:26.13 ID:kyofFXId0
洋画は字幕に限る

578 :名前は誰も知らない:2012/11/15(木) 21:37:58.31 ID:8MzVjcOjO
俺は吹き替えと字幕の二刀流で見てる
最強

579 :名前は誰も知らない:2012/11/15(木) 23:35:03.20 ID:aHu7ZVL50
何が最強なんだ池沼

580 :名前は誰も知らない:2012/11/16(金) 15:38:34.61 ID:gAB+ivro0
吹き替えと字幕は違う映画だよね

581 :名前は誰も知らない:2012/11/16(金) 21:01:32.93 ID:FhYe9PA0O
>>579
別に怒ることじゃねーだろ(笑)

582 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/11/16(金) 21:35:37.17 ID:OaY1lmbVP
映画を観て、
「登場人物の成長が描けていない」だとか
「負け犬たちのワンスアゲイン!」だとかいうセリフを吐く人間って
「他人の不幸」を心の奥で欲望し、あわよくばそれを消費せんと身構えている自分自身の姿を
果たして見つめることが出来ているのだろうか

583 :名前は誰も知らない:2012/11/16(金) 21:46:39.84 ID:rY3fT/jf0
ん?

584 :名前は誰も知らない:2012/11/21(水) 23:29:32.65 ID:hsGzBkZVO
アンチクライストを見た。ラストがよくわからなかった。理解できない映画みるとなんか悔しくなる。

585 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/11/21(水) 23:55:51.90 ID:uCi5ewdoP
「アンチクライスト」は「アレゴリーの逆襲譚」と言えるだろうね
「存在」それ自体を「高次の目的」へと還元するシステムへの反省が根底に存在する

586 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/11/21(水) 23:59:43.06 ID:uCi5ewdoP
あのラストが示すのは
「混沌」という名の「解放」

587 :名前は誰も知らない:2012/11/22(木) 11:03:18.22 ID:WFMpFx860
ツイッター気取って連投(笑)

588 :名前は誰も知らない:2012/11/23(金) 11:23:45.85 ID:tZ4WYb4M0
「羊達の沈黙」の一択   
 

589 :名前は誰も知らない:2012/11/23(金) 17:59:24.56 ID:Bfk9vgxvO
クリスマスは何の映画見る?孤男向けのクリスマス映画ってないかな。

590 :名前は誰も知らない:2012/11/23(金) 22:58:27.96 ID:9T2h2oKb0
キリスト教徒じゃないから関係ない、と言ってみる。

591 :名前は誰も知らない:2012/11/24(土) 22:06:38.27 ID:dI6WVSJs0
光テレビで北野武のブラザー観たけどおもしろかったよ
過去の北野ヤクザ映画より見やすい。
これ以降たけしの映画の才能が尽きたと思う。
HANA-BI以降が尽きたという思う人も多いが。

592 :名前は誰も知らない:2012/11/25(日) 19:18:26.92 ID:23loQLboO
カラスの親指見た。
評価高くてびっくり。
2時間ドラマでいいかな

593 :名前は誰も知らない:2012/11/27(火) 20:07:08.53 ID:t6aaF4duO
クリスマスは独りきりでシャイニング観るよ…
クリスマスなんてなくなってほしい
TSUTAYAでクリスマスソング流れてて、切なくなった

594 :名前は誰も知らない:2012/11/27(火) 20:59:06.72 ID:rpFxLo++O
冬が舞台の映画が見たい時期になったなぁ
弧男には「人狼」がオススメ。アニメだけど。

595 :名前は誰も知らない:2012/12/02(日) 19:43:58.08 ID:Yeldm//50
ミスティック・リバーを勧める人が(おそらく1名)いたので観てみたのだが
全員結婚していて子供がいるってのは孤男向きじゃないかもw

596 :名前は誰も知らない:2012/12/04(火) 04:56:34.43 ID:zSt4UA44O
>>496 IDがまた綺麗に揃ったもんだ・・!!

597 :名前は誰も知らない:2012/12/04(火) 18:28:08.52 ID:mYDB/CveO
列車に乗った男って映画良かった。

月に囚われた男は主人公が孤男かと思って観たけど妻子持ちだった…orz

598 :名前は誰も知らない:2012/12/05(水) 22:41:06.58 ID:Db30BY5rO
・炎上
・アンナと過ごした四日間
モテるモテない以前に、人間関係に最低限必要な要素が欠落している感じ。
まともに人と付き合えないとか心を開けないというのも本人にとっては立派な障害だと思った。

599 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 00:37:29.57 ID:HKpI4fEvO
ゴーストライター観た
なかなか面白かった
主人公イケメンだけど

600 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 02:25:09.50 ID:jAETED2O0
孤男ならフォーリングダウン好きだよな?

601 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 03:52:15.94 ID:uWCrt0GN0
何の予備知識もなくグッドウィルハンティング観たときはすごいよかった
深夜にテレビでやってた

602 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 04:33:09.89 ID:8K9eb+fvI
>>600
好き

セルピコ好きだわ素晴らしい
でもまぁくずでダメで卑怯で悲しいみたいな映画が一番見たいけどね

603 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 05:23:52.27 ID:s/LTgJku0
フォーリンダウンは名作だな

604 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 06:12:50.64 ID:XaHiSmjF0
どうしても、加藤を思い浮かべるわ

605 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 16:01:50.23 ID:YNkm5J490

通名の方々:


NHK・TBS(JNN、ニュースバード、NewsBird)・テレビ朝日(ANN)・日本テレビ(NEWS24、NNN24)・フジテレビ(FNN)
共同通信(Kyodo・47News)・時事通信
新聞(朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・日本経済新聞・東京新聞・・・)
ラジオ・出版社

芸能人・作詞家・作曲家・演奏家(ミュージシャン)・指揮者・作家・漫画家(アニメ)・ゲーム・映画監督・歌舞伎・美術、建築系・宇宙飛行士・
文化人、知識人・アナウンサー・記者(ジャーナリスト)・気象予報士・テレビに出てる人・
アダルトビデオ(女優、男優、AV)・性風俗・
スポーツ選手(プロ野球、サッカー、テニス、ゴルフ、バレー、水泳、体操、柔道、相撲、ボクシング、プロレス、・・・)
ヤクザ・暴力団・暴走族・同和


606 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 18:36:08.12 ID:mvxGe+loO
内容忘れたけど
ハリーとトントすごい良かった気がする
くそつまらね〜のが
スタートレック

607 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 20:08:24.04 ID:r87bNU+mO
ハリーとトントはいいね。お年寄りが主役のロードムービーは個人的に良作が多いような気がする。
ストレイトストーリーや世界最速のインディアンも良かった。
孤男が主役のロードムービーで良いのないかなあ。

608 :名前は誰も知らない:2012/12/07(金) 20:13:51.14 ID:NDQN2OXk0
普通の人なら年老いてから感じる孤独を今味わってるからかね

609 :名前は誰も知らない:2012/12/08(土) 01:51:36.94 ID:ZQE+ZPXD0
久しぶりにセブン観たがやっぱりこの映画好きだ。
ラストの絶望感が堪らない。

610 :名前は誰も知らない:2012/12/08(土) 02:18:14.41 ID:evMIc6h4O
>>599うん。ポランスキーいいね

611 :名前は誰も知らない:2012/12/08(土) 03:12:01.89 ID:Gon9El0/O
マルホランドドライブ面白かった。

612 :名前は誰も知らない:2012/12/08(土) 15:55:58.31 ID:iy3qr1UzO
今年はあまり観れなかったけど、8日目の蝉が一番良かった。親子愛は反則だわ。

自分も家族を作って、綺麗なものとかを全て見せてやりたいと思った。

あとはRay、切腹、アウトレイジが良かった。来年はもっと映画をたくさん楽しめる一年にしたい

613 :名前は誰も知らない:2012/12/08(土) 20:28:57.46 ID:K3FZaC+x0
アバウトシュミットとか?
孤独な男の映画

614 :名前は誰も知らない:2012/12/08(土) 23:34:08.47 ID:evMIc6h4O
タイトル忘れた。
ウィルフェレルがエマ・トンプソンの作家に操られる話。
会社から直帰する以外、人と交流の無い孤男でしかもそれに不便を感じてない所がね。。

615 :名前は誰も知らない:2012/12/09(日) 00:43:19.13 ID:Ygb2K/lw0
「主人公は僕だった」じゃないかな?
あれは親友が一人いるし、ジョークが言えるしそれほど孤男という感じではなかった

616 :名前は誰も知らない:2012/12/09(日) 05:21:10.05 ID:LjceS0ws0
ヘンリー・ダーガーの謎、カスパー・ハウザーの謎

617 :名前は誰も知らない:2012/12/09(日) 06:14:07.34 ID:jMDyIUgo0
主人公はぼくだったは10回くらいは見て


618 :名前は誰も知らない:2012/12/09(日) 06:48:06.58 ID:k3nqaqA1O
主人公は僕だったってそんなに見られてる作品だったのか。それともこのスレで局地的になのかな。
メアリーとマックスが気に入ってる

619 :名前は誰も知らない:2012/12/11(火) 00:17:26.18 ID:0uznVcr80
>>613
ああ、これ良かったね。
何か醤油味のする洋画だけど。
日本映画みたいな感じ

620 :名前は誰も知らない:2012/12/11(火) 09:29:31.58 ID:pFIJNPZF0
ダークナイトライジング観る

621 :名前は誰も知らない:2012/12/11(火) 19:07:47.95 ID:IdS2JT/NO
ロックアウト見た。
何と言うかチープというか。

622 :名前は誰も知らない:2012/12/11(火) 19:42:28.58 ID:s9HgLPoTO
「主人公は僕だった」は確かに不思議と記憶に残る映画だね。
「トゥルーマン〜」で押されたツボに近いツボを押された。
こないだテレビでクリスチャン・ベールの「マシニスト」見たが
全編通してじわじわ不安を煽るような作りになってて面白かった。
筋書きと種明かしはいまや新鮮味がないけど。

623 :名前は誰も知らない:2012/12/12(水) 04:35:24.65 ID:iXPHqK3CO
クリスチャン・ベールは痩せるとイーサン・ホークに似ていたな。

624 :名前は誰も知らない:2012/12/12(水) 08:27:06.10 ID:4f85Sala0
ゴッドブレスアメリカ
切れた中年が人を***映画

625 :名前は誰も知らない:2012/12/12(水) 21:49:27.43 ID:Cvwq6eZG0
自分もJKと加藤りたいわ

626 :名前は誰も知らない:2012/12/13(木) 05:42:24.18 ID:3PXLD1qMO
エヴァQ見に行った。最近観た映画の中ではかなり良かった。

627 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/12/13(木) 18:39:54.00 ID:IQ+SB4XhP
http://www.youtube.com/watch?&v=2vKz7WnU83E

「パシフィック・リム」のコレジャナイ感
だから怪獣映画はもう作るなって

628 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/12/13(木) 18:45:04.14 ID:IQ+SB4XhP
そもそも「ロボット」が決まって「人型」でなければならない理由は?
そういうところに現代のクリエイターの創造力の無さ、志の低さが表れているんですよ

629 :周辺人 ◆DxgwL./BZw :2012/12/13(木) 18:46:51.25 ID:IQ+SB4XhP
「巨人」と一体化することによって万能感を得る
そういう幼稚なロマンチシズムは20世紀で終わりにして欲しい

630 :名前は誰も知らない:2012/12/15(土) 11:24:17.44 ID:OrIX1G8zO
ラブアクチュアリー
肌に突き刺さる

631 :名前は誰も知らない:2012/12/15(土) 18:44:27.36 ID:Cmy68M5KO
恋愛映画見たら辛くなるよ。

632 :名前は誰も知らない:2012/12/16(日) 00:43:11.41 ID:qQblRZ4i0
八甲田山みて泣いた

128 KB
新着レスの表示

一覧に戻る- 全部 前100 次100 最新50-削除依頼 alone> 1312458873> 1104688508>